2015.09.12

U-18日本代表、ウズベキスタンと引き分け3位で大会を終える/CFA国際ユース

 9月11日、CFA国際ユース(U-18)トーナメント2015の第3戦が行われ、U-18日本代表はU-18ウズベキスタン代表と対戦した。

 第2戦と同じく中1日での連戦ということもあり、日本はU-18中国代表戦から先発9人を替えて試合に臨んだ。日本は前半アディショナルタイムにFW小川航基(桐光学園高校)の得点で先制する。しかし、後半に入ると、52分にウズベキスタンに同点ゴールを奪われてしまう。その後、互いに得点が奪えず、そのまま試合終了。日本は1-1でウズベキスタンと引き分けた。

 U-18日本代表は1勝1分け1敗の3位で今大会を終え、小川は4得点で得点王となった。

【スコア】
U-18日本代表 1-1 U-18ウズベキスタン代表

【得点者】
45分+1 1-0 小川航基(U-18日本代表)
52分 1-1 失点(U-18ウズベキスタン代表)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る