2015.08.26

MF原川力「アジアの戦いではタフさが求められる」FW金森健志「より競争が激しくなる」/U-22代表候補キャンプ3日目

 8月25日、U-22日本代表候補は京都でのトレーニングキャンプ3日目を迎えた。その様子を日本サッカー協会公式HPが伝えている。

 U-22日本代表候補は、パス&コントロールやフォーメーション確認を行った後、ゲーム形式のトレーニングを行い、キャンプ最後の練習を終了。午後からは京都市内にある妙心寺退蔵院にてチーム全員で座禅体験などを行った。

 トレーニングを終えた選手たちのコメントを、日本サッカー協会公式HPが伝えている。

 体調不良のため25日からの合流となった京都サンガMF 原川力は、「合流が遅れましたが、体調はもう大丈夫です」と復調をアピール。また、「最終予選まで残り4か月半となりましたが、普段と異なるアジアでの戦いでは、精神的にも肉体的にもタフさが求められるので、もっと成長するために努力していきたいです」と1月に控えたオリンピックのアジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権2016に向け、一層の成長を誓った。

 久々の招集となったアビスパ福岡GK中村航輔は、「3月の1次予選以来の招集となりうれしいですが、まだ選ばれただけです」とコメント。また、「けがで3ヵ月くらいプレーできない時期がありましたが、最近は自分のイメージするプレーがクラブでできています。また、体作りにも努めており、体つきが変わってきました」とけがを契機に肉体改造に取り組んでいたことを明かした。

 一方、同じくアビスパ福岡所属のFW金森健志は、「今回のキャンプでいろいろな選手が選ばれ、より競争が激しくなりますが、チームの底上げという部分で良いことですし、負けないように一日を大切にしていきたいです」と激しいポジション争いに闘志を燃やした。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る