2015.08.15

U-18代表のDF藤谷壮「今までで一番質の低い試合」/SBSカップ

 8月14日、2015SBSカップ国際ユースサッカーの2日目が行われ、U-18日本代表は静岡ユースと対戦した。

 U-18日本代表は静岡ユースを相手に、前半のうちに2失点を喫す。後半に入り1点を返すも、反撃及ばず、1-2で静岡ユースに敗れた。選手たちの試合後のコメントを、日本サッカー協会の公式HPが伝えている。

 ヴィッセル神戸U-18 所属のDF藤谷壮は、「今までやってきた試合の中で一番質の低い試合だったと思います。プレーの精度、プレー以外の運動量において課題が残る試合となりました」と試合内容を猛省。また、静岡ユースに敗戦したことについて「U-18の日本の代表として来ているので、勝たなければならない相手だったと思っています」とコメント。次戦に向けては、「中一日あるので、今日の試合の結果をしっかり受け止めて、最後のクロアチア戦に向けて良い準備をしていきたいと思います」と意気込んだ。

 一方、ジェフユナイテッド千葉所属のDF浦田樹は、「立ち上がりから自分たちのミスで相手にリズムを作られ、簡単に2失点をしてしまいました」と試合を振り返った。また、「クロスの精度、運動量が足りないと感じたので向上させていきたいです」と個人としての課題を口にした。

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る