2015.08.10

U-16日本代表MF齊藤未月「次に繋がる試合が出来た」/広島国際ユース

 8月9日、Balcom BMW 平和祈念広島国際ユースサッカー2015が開幕し、U-16日本代表はU-17広島県選抜と対戦した。

 U-16日本代表は、11分にFW杉浦文哉のゴールで先制すると、前半終了間際の40分にDF伊従啓太郎が追加点を挙げる。後半には互いにゴールは生まれず、U-16日本代表が2-0で大会初戦を制した。試合後のコメントを、日本サッカー協会の公式HPが伝えている。

 ゲームキャプテンを務めたMF齊藤未月は、「後半は相手がボールを持つ時間が長く、自分がもっとチームを引っ張らなければならなかった場面もありました」と試合を反省。一方で「勝利した事は純粋に嬉しいですし、次に繋がる試合が出来たと思います」と手応えを口にした。

 また、U-17ウズベキスタン代表やU-17ポーランド代表との対戦を見据え、「残り2試合、体が大きく、スピードもある海外の選手との対戦ですが、自分達のサッカーをして良い試合にしたい」と意気込みを語った。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る