FOLLOW US

銅メダル、ユニバ男子の神川監督「決定力不足を克服できなかった」

 ユニバーシアード男子日本代表は7月13日、第28回ユニバーシアード・光州大会サッカー競技の3位決定戦でブラジルと対戦。0-0のまま突入したPK戦で、7-6と上回り、銅メダルを獲得した。

 神川明彦監督の試合後コメントを、日本サッカー協会の公式HPが伝えている。指揮官は、「今日は選手の自主性を信じて、最後の試合なので今までやってきたことをもう一度やろうと伝えました」とコメント。「選手は立ち上がりから最後までがんばってくれたと思います。相手のブラジルは最終ラインをなかなか割らせてくれませんでしたが、チャンスとしてはこちらのほうが作れていたと思うし、内容があったうえでのPK戦での勝利だったと思います」と振り返った。

 スコアレスでのPK戦は、準決勝のイタリア戦に続いて2度目。「決定力不足というこのチームの結成以来の課題が克服できず、ブラジルやイタリアといったサッカー王国の牙城を崩すまでにはいたらなかったことは、認めざるを得ないと思います」と、大会を総括した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA