2015.09.14

WESTが3-2でシーソーゲームを制す、最優秀選手はG大阪FW奥野が受賞/メニコンカップ2015

 9月13日、パロマ瑞穂ラグビー場にてメニコンカップ2015日本クラブユースサッカー東西対抗戦(U-15)が行われた。

 東日本代表のALL EASTは、第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会でMVPを受賞したFW中丸流佳(横浜F・マリノスジュニアユース)、MIPを受賞したDF竹浪良威(FC東京U-15むさし)らが先発に名を連ねた。

 一方、西日本代表のALL WESTはクラブユースU-15で3位となったガンバ大阪ジュニアユース、京都サンガF.C.U-15からそれぞれ3名が先発した。

 試合は、14分にMF本間至恩(アルビレックス新潟U-15)のゴールでEASTが先制する。対するWESTも20分にMF杉田迅(京都)が直接FKを決め、すぐさま同点に追いつく。

 1-1で迎えた後半、WESTは53分のFW藤原志龍(徳島ヴォルティスジュニアユース)のゴールで逆転に成功。劣勢に立たされたEASTは、FW室井慧佑(横河武蔵野FCジュニアユース)、坂本琉維(ベガルタ仙台ジュニアユース)、MF井上惇(横浜FCジュニアユース)の3選手を同時投入。すると60分、室井が同点弾を決め、監督の期待に応える。しかし、75分、FW服部航平(京都)のパスを受けたFW久保勇大(G大阪)が得点。これが決勝点となり、3-2でWESTが勝利を収めた。

 試合後は各賞が発表され、最優秀選手にはWESTのFW奥野耕平(ガンバ大阪ジュニアユース)が選出された。また、敢闘賞はEASTの本間とMF榊原彗悟(横浜FM)が受賞した。

 1995年から毎年開催されている本大会は、今回が第21回大会。これまでEASTとWESTがそれぞれ10勝10敗と通算成績では互角となっていたが、今回の結果によりWESTが11勝目を挙げ、一歩リードすることとなった。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る