2015.09.08

横浜FMが大勝し暫定2位浮上、川崎は逆転勝利/全日本ユース関東1部第17節

 高円宮杯U-15 第27回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会地域リーグ関東1部の第17節が9月5日、6日に行われた。

 川崎フロンターレU-15vs三菱養和SC巣鴨ジュニアユースの一戦は、三菱養和が6分、14分にゴールし、試合を優位に進める。しかし、川崎は山田新が29分、32分と立て続けに得点し同点に追いつくと、64分にも山田が追加点を挙げハットトリックを達成。68分には横田大祐がダメ押しの4点目を奪い、4-2で逆転勝利を収めた。

 また、横浜F・マリノスジュニアユースは、東京ヴェルディジュニアユースと対戦した。横浜FMは21分に中丸流佳のゴールで先制すると、その後は榊原慧悟のハットトリックなどゴールを量産。結局、7-0で大勝し、暫定2位に浮上した。
 
 第17節の結果と暫定順位表は以下のとおり。なお、第17節の残り2試合は9月13、23日、第18節は9月20日に行われる。

■高円宮杯全日本ユース地域リーグ関東1部第17節
横浜FMジュニアユース追浜(神奈川) 1-2 浦和ジュニアユース(埼玉)
川崎U-15(神奈川) 4-2 三菱養和ジュニアユース(東京)
横浜FMジュニアユース(神奈川) 7-0 東京Vジュニアユース(東京)
鹿島ジュニアユース(茨城) 2-1 柏U-15(千葉)
9月13日開催
千葉U-15(千葉) vs 大宮ジュニアユース(埼玉)
9月23日開催
FC東京U-15むさし(東京) vs FC東京U-15深川(東京)

■高円宮杯全日本ユース地域リーグ関東1部第17節順位表(暫定)
1位:浦和レッドダイヤモンズジュニアユース(勝ち点33/得失点差+12)
2位:横浜F・マリノスジュニアユース(勝ち点28/得失点差+15)
3位:FC東京U-15むさし(勝ち点27/得失点差+9)
4位:鹿島アントラーズジュニアユース(勝ち点26/得失点差-1)
5位:三菱養和SC巣鴨ジュニアユース(勝ち点24/得失点差+3)
6位:川崎フロンターレU-15(勝ち点23/得失点差+1)
7位:大宮アルディージャジュニアユース(勝ち点21/得失点差+2)
8位:柏レイソルU-15(勝ち点20/得失点差+1)
9位:東京ヴェルディジュニアユース(勝ち点20/得失点差-20)
10位:FC東京U-15深川(勝ち点19/得失点差-7)
11位:横浜F・マリノスジュニアユース追浜(勝ち点18/得失点差-7)
12位:ジェフユナイテッド市原・千葉U-15(勝ち点16/得失点差-8)

■高円宮杯全日本ユース地域リーグ関東1部第18節の対戦カード
9月20日開催
FC東京U-15深川(東京) vs 柏U-15(千葉)[東京ガス深川G/14時キックオフ]
浦和ジュニアユース(埼玉) vs 横浜FMジュニアユース(神奈川) [レッズランド/11時キックオフ]
川崎U-15(神奈川) vs 大宮ジュニアユース(埼玉)[しんよこフットボールパーク/17時30分キックオフ]
横浜FMジュニアユース追浜(神奈川) vs 東京Vジュニアユース(東京)[日産自動車追浜総合G/12時30分キックオフ]
三菱養和ジュニアユース(東京) vs 千葉U-15(千葉)[三菱養和巣鴨スポーツセンター/17時30分キックオフ]
鹿島ジュニアユース(茨城) vs FC東京U-15むさし(東京)[新日鉄住金総合G/17時キックオフ]

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る