2015.08.05

大分、FC多摩が首位で予選突破/クラブユースU-15

 第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会のグループリーグEからHの第3節が、8月5日に行われた。

 グループEでは、2位の大分トリニータU-15がE.C.REVANTEと対戦。前半は圧倒的な大分ペースで進んだ。8分のFW日高智也のPKによる得点を皮切りに、FW田原龍之介らがゴールを重ね、前半だけで7点のリードを奪う。後半に入ってもペースは変わらず、43分には日高が得点し、ハットトリックを達成。その後も得点を重ねた大分は11-0で大勝し、グループリーグ首位突破を決めた。

 また、グループHでは、セレッソ大阪西U-15とFC多摩ジュニアユースが対戦した。前半は互いに2点を奪い合い、同点のままハーフタイムを迎える。後半に入ると、FC多摩が69分にFW宮崎純真のゴールでリードを奪うことに成功。試合はそのまま終了し、3-2で勝利したFC多摩のグループリーグ突破が決まった。

 グループEからグループHの試合結果と順位表は以下のとおり。

■日本クラブユースサッカー選手権(U-15)第3節結果
グループE
仙台ジュニアユース 2-1 柏U-15
大分U-15 11-0 E.C.REVANTE

グループF
神戸U-15 3-1 クラブ・ドラゴンズ
徳島ジュニアユース 2-2 福岡U-15

グループG
横浜FCジュニアユース 1-2 G大阪ジュニアユース
シーガル広島 1-4 クマガヤSC

グループH
広島ジュニアユース 2-2 鳥栖U-15
C大阪西U-15 2-3 FC多摩

■日本クラブユースサッカー選手権(U-15)第3節順位表
グループE
1位:大分トリニータU-15(勝ち点7/得失点差+13)
2位:ベガルタ仙台ジュニアユース(勝ち点6/得失点差+8)
3位:柏レイソルU-15(勝ち点4/得失点差+6)
4位:E.C.REVANTE(勝ち点0/得失点差-27)

グループF
1位:アビスパ福岡U-15(勝ち点7/得失点差+2)
2位:徳島ヴォルティスジュニアユース(勝ち点5/得失点差+1)
3位:ヴィッセル神戸U-15(勝ち点4/得失点差+1)
4位:クラブ・ドラゴンズ(勝ち点0/得失点差-4)

グループG
1位:ガンバ大阪ジュニアユース(勝ち点9/得失点差+9)
2位:横浜FCジュニアユース(勝ち点6/得失点差+1)
3位:クマガヤSC(勝ち点3/得失点差-1)
4位:シーガル広島(勝ち点0/得失点差-9)

グループH
1位:FC多摩(勝ち点7/得失点差+3)
2位:サガン鳥栖U-15(勝ち点5/得失点差+2)
3位:セレッソ大阪西U-15(勝ち点3/得失点差+1)
4位:サンフレッチェ広島ジュニアユース(勝ち点1/得失点差-6)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る