2015.08.04

G大阪、横浜FCが予選突破…2連敗の広島は最下位/クラブユースU-15

 第30回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会グループリーグEからHの第2節が、8月4日に行われた。

 グループGでは、ガンバ大阪ジュニアユースがクマガヤSCに3-0で勝利した。グループGもう1試合では、横浜FCジュニアユースがシーガル広島を2-1で下している。この結果、開幕から2連勝のガンバ大阪と横浜FCが、グループ突破を決めた。

 またグループHでは、サンフレッチェ広島ジュニアユースとセレッソ大阪西U-15が激突した。FW渡部快斗が前半だけで4ゴールを決める活躍を見せ、合計7得点を奪ったC大阪が、7-3で圧勝した。2連敗の広島は、グループ最下位に沈んでいる。

 グループEからグループHの試合結果と順位表は以下のとおり。

■日本クラブユースサッカー選手権(U-15)第2節結果
グループE
仙台ジュニアユース 2-4 大分U-15
柏U-15 8-1 E.C.REVANTE

グループF
神戸U-15 0-0 徳島ジュニアユース
クラブ・ドラゴンズ 1-2 福岡U-15

グループG
横浜FCジュニアユース 2-1 シーガル広島
G大阪ジュニアユース 3-0 クマガヤSC

グループH
広島ジュニアユース 3-7 C大阪西U-15
鳥栖U-15 1-1 FC多摩

■日本クラブユースサッカー選手権(U-15)第2節順位表
グループE
1位:柏レイソルU-15(勝ち点4/得失点差+7)
2位:大分トリニータU-15(勝ち点4/得失点差+2)
3位:ベガルタ仙台ジュニアユース(勝ち点3/得失点差+7)
4位:E.C.REVANTE(勝ち点0/得失点差-16)

グループF
1位:アビスパ福岡U-15(勝ち点6/得失点差+2)
2位:徳島ヴォルティスジュニアユース(勝ち点4/得失点差+1)
3位:ヴィッセル神戸U-15(勝ち点1/得失点差-1)
4位:クラブ・ドラゴンズ(勝ち点0/得失点差-2)

グループG
1位:ガンバ大阪ジュニアユース(勝ち点6/得失点差+8)
2位:横浜FCジュニアユース(勝ち点6/得失点差+2)
3位:クマガヤSC(勝ち点0/得失点差-4)
4位:シーガル広島(勝ち点0/得失点差-6)

グループH
1位:FC多摩(勝ち点4/得失点差+2)
2位:サガン鳥栖U-15(勝ち点4/得失点差+2)
3位:セレッソ大阪西U-15(勝ち点3/得失点差+3)
4位:サンフレッチェ広島ジュニアユース(勝ち点0/得失点差-6)

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る