2016.04.22

次世代のスター選手が東京へ集結する! U14国際ユース大会が5月に開催

サッカー総合情報サイト

 次世代を担う世界のユース選手が出場する2016東京国際ユース(U-14)サッカー大会が、5月に駒沢オリンピック公園総合運動場に開催される。

 同大会には世界の有名選手を輩出しているボカ・ジュニアーズ(ブエノスアイレス)やコリンチャンス(サンパウロ)など、海外から9チームがエントリー。国内からは地元東京(トレセン選抜、FC東京、東京ヴェルディ)のほか、岩手、宮城、福島、茨城の選抜チームが、世界の強豪に挑む。

前回大会で初優勝を飾ったカイロ選抜

前回大会で初優勝を飾ったカイロ選抜

 大会アンバサダーには元日本代表の北澤豪氏が就任。同氏は「世界から未来を担うユースたちが東京に集まり、繰り広げられる熱い試合には、様々なサッカーのスタイルがあり、また選手同士の交流の場では異なった文化などの発見があり、そこにはオリンピックやワールドカップで感じられる世界があります。今年の1月にはU-23日本代表の若い選手たちが8月にリオデジャネイロで行われるオリンピックの出場を決めてくれました。その中にはこの東京国際ユース大会に出場し、成長していった選手もいます。出場する選手たちには未来を見据えて、目の前のプレイに全力でチャレンジすることを期待しています」とコメントしている。

前回大会の様子

前回大会の様子

 今大会では週刊少年マガジンに連載中の大人気サッカー漫画・TVアニメ「DAYS(デイズ)」ともコラボ企画を実施。5月4日にはメインキャストの吉永拓斗さん(柄本つくし役)、浪川大輔さん(水樹寿人役)が来場する。また、応援アーティストのウカスカジー(GAKU-MC/桜井和寿)は「世界から未来を担うサッカープレーヤーが、東京にあつまり熱戦が繰り広げられる東京国際ユース(U-14)サッカー大会。イメージするだけでサッカーファンとしてワクワクします。僕らも日々サッカーを楽しんでおりますが、いろんな国の選手たちとの試合、交流できるチャンスがあるなんてうらやましいです!! 選手の皆さんは無限の想像力をふくらませて目の前の壁に全力でトライして、なによりもハッピーにサッカーを楽しんでください! がんばってください。応援しています!!」と応援メッセージを寄せた。

※写真はイメージです。

※写真はイメージです。

 大会期間中は来場記念プレゼントとしてオリジナルステッカー(なくなり次第終了)やピンバッチ(決勝戦来場者先着1000名限定)を配布するほか、5月3日と4日には陸上競技場コンコースイベントとして「東北“ごっつぉ”まつり」を開催。同イベントは東北など4県のJクラブホームスタジアムメニューや物産品を販売する。また、4日は「5月5日 わかめの日」にちなんで先着1000袋の生わかめを無料で配布する。そのほか、様々なイベントが予定されている。

■大会概要
◆主催
東京都
公益財団法人東京都スポーツ文化事業団
公益財団法人東京都サッカー協会

◆日程
(1次ラウンド)5月1日(日)、2日(月)
(2次ラウンド)5月3日(火・祝)、4日(水・祝)
※4日(水・祝)の決勝戦終了後、表彰式・閉会式を行う。

◆会場(入場無料)
駒沢オリンピック公園総合運動場 陸上競技場、補助競技場、第二球技場(世田谷区駒沢公園1-1)

■大会アンバサダーに北澤豪氏
 北澤豪氏(元サッカー日本代表、公益財団法人日本サッカー協会理事、FリーグCOO補佐)が大会アンバサダーとして本大会をサポートする。

大会公式HPはコチラ

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る