FOLLOW US

清水、16年ぶり2度目のクラブユース王者に…MVPには梅田透吾が選出

 第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝が8月1日に味の素フィールド西が丘(東京都北区)で行われ、清水エスパルスユースと大宮アルディージャユースが対戦した。

 前半12分に青島太一のゴールで先制した清水は、前半アディショナルタイムにも齊藤聖七が追加点を挙げ、2-0で完封勝利。16年ぶり2度目の優勝を果たした。

 なお、大会最優秀選手(MVP)には清水エスパルスユースの梅田透吾が選出。その他、最も印象的な選手に贈られる大会MIPには、大宮アルディージャユースの吉永昇偉が選ばれ、大会得点王にも6ゴールを挙げた吉永が輝いた。また、フェアプレー賞は大宮アルディージャユースが受賞した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA