FOLLOW US

6失点、被シュート31本…上田西GK小山は悔しさを糧に「経験値が増えた」

上田西の2年生GK小山は来年度へリベンジを誓った [写真]=兼子慎一郎

 1-6。“堅守”を武器に勝ち上がってきた上田西(長野)にとっては、受け入れがたい大敗となった。6日に行われた第96回全国高校サッカー選手権大会・準決勝。長野県勢初のベスト4に到達した上田西は、夢に見た埼玉スタジアム2002のピッチで、前回大会準優勝の前橋育英に力の差を見せつけられた。

「1本対31本」というシュート数が、試合の一方的な展開を物語る。上田西のGK小山智仁は「本当に苦しい試合で、シュートが多すぎて、どんなシュートを打たれたのかほとんど覚えてない」とぼう然。ここまで京都橘、帝京大可児、明秀日立を撃破してきたのは「組織的な守備が軸」と、チーム全体のハードワークに自信を深めてきただけに、受けた衝撃は大きかった。

「自分たちも試合の入りは良かったんですけど、組織で守っても敵わない部分はありました。前橋育英さんはこれまで対戦したチームと全然違って、2対1の数的優位の状況で守っていても打開されたし、シュートも信じられないようなコースに蹴られたりして」。中でも2ゴールを許した得点ランクトップの飯島陸には、「抜け出してくるのが分かってもシュートの振りが速くて、自分は構えるスピードが遅くて、一歩も動けなかった」と圧倒された。

 大差のついた試合となったが、一方で小山は31本の被シュートの中でビッグセーブを何本も見せ、点差が広がっても顔を上げて戦い続けた。選手権という大舞台で、全国の強豪校との真剣勝負の中で得た経験は、今後の成長を促す糧となる。

「本当に悔しいですけど、いろいろな選手との対戦をとおして自分の経験値が増えたし、一試合一試合、自分が成長しているのは自分でも感じることができました。チームとしてもベスト4まで来れたことは自信になります」

 2年生の小山にとっては、もう一度リベンジのチャンスがある。試合後のロッカールームでは、「悔しさと、もう3年生と一緒にできない寂しさとで、人生で初めてこんなに泣いた」と言い、新たな誓いを立てた。

「3年生になる来年度は自分が先頭に立って、またこの舞台に戻ってきて、このメダルより良い色のメダルを取りたい。前橋育英さんも無失点で抑えられるようなGKになりたいです」

■新スパイク「PUMA ONE J(プーマ ワン J)」が登場

タフなタックルをするディフェンダーから素早いストライカーまで、全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイクをコンセプトに開発されたのが「PUMA ONE」。この「PUMA ONE」の高校生プレーヤーが主にプレーする人工芝や硬い土のグラウンドにも対応したメイドインジャパンの日本人プレーヤー向けモデルが登場。ぜひ、スペシャルサイトとプーマ フットボール公式アカウントで「PUMA ONE J (プーマ ワン J)」をチェック!

『PUMA ONE J』スペシャルサイトへ
プーマ フットボール公式Instagramアカウントへ
プーマ フットボール公式Twitterアカウントへ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO