FOLLOW US

矢板中央が山下純平の決勝弾で4強へ! 初出場・日本文理は準決勝進出ならず

矢板中央が1点を守り抜き準決勝進出を決めた[写真]=兼子愼一郎

 第96回全国高校サッカー選手権大会・準々決勝が5日に行われ、日本文理(新潟)と矢板中央(栃木)が対戦した。

 試合が動いたのは36分。矢板中央は味方のシュートがこぼれたところを山下純平が蹴り込み、1点を先行する。新潟県勢初のベスト4進出を目指す初出場の日本文理だったが、矢板中央のゴールをこじ開けられず。前半の1点が決勝点となり、矢板中央が準決勝へと駒を進めた。

 勝利した矢板中央は、6日の準決勝で長崎総科大附(長崎)と流通経済大柏(千葉)の勝者と対戦する。

【スコア】
日本文理 0-1 矢板中央

【得点者】
0-1 36分 山下純平(矢板中央)

■新スパイク「PUMA ONE J(プーマ ワン J)」が登場

タフなタックルをするディフェンダーから素早いストライカーまで、全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイクをコンセプトに開発されたのが「PUMA ONE」。この「PUMA ONE」の高校生プレーヤーが主にプレーする人工芝や硬い土のグラウンドにも対応したメイドインジャパンの日本人プレーヤー向けモデルが登場。ぜひ、スペシャルサイトとプーマ フットボール公式アカウントで「PUMA ONE J (プーマ ワン J)」をチェック!

『PUMA ONE J』スペシャルサイトへ
プーマ フットボール公式Instagramアカウントへ
プーマ フットボール公式Twitterアカウントへ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO