2018.01.04

「たくさん泣いて、また強くなる」…神村学園MF高橋大悟、清水での活躍を誓う

高橋がキャプテンを務める神村学園はベスト16で敗退となった [写真]=小林浩一
サッカーキング編集部

「夢のようでした」。神村学園の戦いはベスト16で幕を閉じたが、高橋大悟(清水エスパルス加入内定)はそう振り返った。仲間と、恩師と、一つの目標に向かって歩んだ時間は、彼にとってそれだけ大切で、特別なものだった。

 第96回全国高校サッカー選手権大会の3回戦が3日に行われ、神村学園は矢板中央に0-1で敗戦。結果に加えて、“らしさ”を出しきれなかったことが悔いを募らせた。緻密なパスワークから繰り出す攻撃を持ち味とする神村学園だが、いずれも1-0で勝ち上がった1回戦(秋田商戦)、2回戦(昌平戦)は、前半のうちにリードを奪ったこともあり、相手に攻め込まれる時間が長くなった。対して3回戦は、15分に先制を許したことで矢板中央が守備的になった分、ボールを握る時間が増え、多少は“らしい”パス回しが見られる場面はあった。しかし、なかなかペナルティエリア内で決定機を作り出すには至らない。「見ている人が楽しめるようなサッカーを、チームのみんなで見せていきたい」と語っていた高橋にとっては、意に反したミドルシュートを打たざるを得なく、それも空砲に終わった。

「悔しいですね……やっぱり。相手が素晴らしいチームでしたし、素晴らしいディフェンスだったので、それを上回る僕たちの技術がなかった。自分の力不足でチームが負けたと思っています」

 それでも、プロ内定者としての実力の片鱗は見せた。1、2回戦では少ないチャンスを仕留め、2戦連続で決勝ゴールをマーク。3回戦は得点こそ生まれなかったが、ボールタッチやシュートの技術では高いものを示した。

「この結果には満足していないですけど、僕のように体が小さい子どもにも、僕のサッカーを見て『小さくてもやれるんだ』って思ってもらえたら。そういう子たちに夢を与えることができていたらうれしいなと思います」

 試合終了直後はここで“引退”という現実を受け入れられないかのようにぼう然としていたが、有村圭一郎監督に声を掛けられ、スタンドにいるチームメートの下へ向かうと、涙が止まらなくなった。

「神村に来て、キツいことのほうが多かったですし、結局優勝はできなかったですけど、でもそれ以上に大切なこと、礼儀や挨拶、上下関係……そういったものは全部ここで学んだので、本当に神村に来て良かったなと思います。大切な仲間に出会えましたし、(有村)先生は自分の家族との時間を犠牲にしてまで僕たちと長い時間、一緒にいてくれたので、本当にお父さんのようですし、怖いですけどすごく愛があって、これから先もずっと頼っていくんだろうなと思います」

 これから愛着のある鹿児島を離れ、清水でのプロ生活が始まる。「こういう悔しい思いをもうしないためにも、自分がもっとすごい選手になるしかない。もっと練習して、もっと怖い選手になっていかないと。それに、同級生や後輩、先生たちに(プレーを)見てもらうためには(プロで)試合に出ないといけない」

 薄れることのない悔しさは、飛躍への力となる。懸命に前を向いた高橋は、新天地での活躍を誓った。

「これまでも僕は泣いて強くなってきたので……今日もたくさん泣いて、また強くなって、プロの舞台に臨みたいと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る