2018.01.04

試合巧者ぶりを発揮した米子北 「持ち味を出せた部分もあった」一条に快勝

米子北が3-0で一条に快勝 [写真]=兼子愼一郎
楽しみながら、うまくなろう! 足ワザのことならストライカーDX

取材・文=川原宏樹(提供:ストライカーデラックス編集部)

 中盤で激しくボールを奪い合う展開の中で、米子北はロングボールから試合の流れを引き寄せようとした。対する一条はショートパスからサイドへ展開して攻めようとしていた。中盤でのボールの奪い合いに終始した前半だったが、どちらも全くチャンスがなかったわけでなかった。最初にチャンスをつかんだのは一条で、右サイドの中井一尭の突破から決定機を演出しようとした。一方の米子北もこの試合は左サイドに位置した馬場琢未がチャンメーカーとなり、一条ゴールに迫っていった。その後、米子北は馬場と坂田二千翔の位置を入れ替えてチャンスを作ろうと試みるも、大きなチャンスを作れないまま前半を終えた。

 後半早々に、ロングスローから先制をした米子北。それに対して一条はスタイルを崩すことなく短いパスのコンビネーションから相手を崩そうとしていた。決めきれないまま時間だけが過ぎていく中で、米子北の見事なカウンターが決まり、2点を追加されてしまった。

 敗れてしまった一条だが、昨日の試合に比べれば明らかに自分たちが思うサッカーができていた。前半も後半もサイドからのパスワークで相手の守備を崩してチャンスを作っており、ある程度満足のいく内容だっただろう。前田久監督も「我々の持ち味を出せた部分もあった」と振り返っている。一方で「防ぐところはちゃんと防がないといけないし、立ち上がりはちゃんと抑えないといけない」と、敗因を振り返り悔やんでもいた。

 逆にいえば、決めるべきところ決めた米子北の試合巧者ぶりが目立つ結果となった。先制後にやられていたサイドの選手を交代し、きっちりと補修。その後のカウンターのチャンスでは、相手よりも先に走り数的優位を作った結果、試合終盤での得点につながっている。

 米子北は初のベスト8入りで、鳥取県勢としても92年度大会の米子東以来、25年ぶりの快進撃。準々決勝の相手は昨年度準優勝の前橋育英となったが、この勢いが続けば鳥取県勢初のベスト4入りも夢ではないかもしれない。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る