FOLLOW US

エースを封じたトライアングル 明秀日立、個と組織力で初の三回戦へ

開始2分の得点で星稜に勝利した明秀日立が学校初の選手権三回戦へ [写真]=兼村竜介

取材・文=本田好伸(提供:ストライカーデラックス編集部)

 一回戦同様、ゼットエーオリプリスタジアムは開催2日間ともに強風に見舞われていた。そのため“風を味方につける”ということは、試合を戦う上で考慮すべき大切な要素の一つだった。

 明秀日立は「本当は前半に風下を取りたかった」(萬場努監督)という。星稜が後半に強さを発揮してくることを考えても、やはり前半でリードを奪って、その上で後半に風上に立って優位を保ちたいという思いが、少なからずあったのだ。だが、コイントスに勝ったのは星稜で、彼らが選んだのもまた、風下だった。

 そんな試合前の勝負には敗れたが、明秀日立は臆することなく試合に入った。

 まさに電光石火のゴール。彼らは一回戦に続いて、最初のチャンスを先制点に結びつけた。「前日にコーチがFWに付きっきりで練習した形だった」(萬場監督)という二瓶優大のゴールでリードを奪った。

 ここから明秀日立は、一回戦と同じように試合を掌握することはできなかったが、ただ決して、浮き足立ってもいなかった。試合は20分過ぎまで中盤の主導権をどちらが掴むのかという拮抗した展開が続いていたが、この時間帯に自分たちの優位性、自分たちの実力を証明するような戦いを示した。

「相手の10番が一つのポイントになると思っていたから、本当は成島茉宏がつぶしにいく考えだった。でも思ったよりも彼がサイドに寄っていたので、彼に持たれてリズムを与えないようにした」(萬場監督)

 星稜の高岸憲伸は、紛れもなくチームのコントロールタワーだったが、一回戦とは異なり、中盤ではなく試合途中から右サイドを主戦場にしていた。そのため明秀日立は、成島とコンビを組むダブルボランチの伊里隼人が対応したが、そこでキーマンとなったのが、4バックでは左サイドバックであり、3バックではセンターバックか1列前でプレーする宗像隆人と、左サイドハーフの及川央泰だった。

 明秀日立のこのトライアングルは、自陣の左サイドで高岸に自由を与えず、ボールを奪ったらすぐに攻撃へと展開できる絶妙な距離感でプレーを続けていた。宗像がいることで中盤が厚くなると同時に、彼は長短自在のキックを操り、何度もチャンスを広げるパスを通した。さらに突破力のある及川が左サイドから中へ切り込んでいくことで、明秀日立の中央から左サイドは、星稜と互角以上の戦いを繰り広げた。

 後半に入ると、星稜は途中から高岸が左へ、左サイドの長田大樹が右へ移動するシステムチェンジでサイド攻撃のパターンを増やし、かつパワープレー気味に押し込んできたために、明秀日立は守備に奔走せざるを得なくなっていた。それでも彼らは、統率が取れていて、かつ気迫の込もった守備でしのぎ切った。

 自らもシステム変更を繰り返して相手に対応するハイレベルな戦いを実践する彼らは、技術と戦略、そしてメンタリティーを備えた強者だった。だからこそ敵将の河﨑護監督も、「技術も高く、守備力もあっていいチームだった」と称賛したのだ。明秀日立は、2年前に敗れた二回戦を突破し、学校初の三回戦へとコマを進めている。

ストライカーDX高校サッカー特集ページ



■新スパイク「PUMA ONE J(プーマ ワン J)」が登場

タフなタックルをするディフェンダーから素早いストライカーまで、全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイクをコンセプトに開発されたのが「PUMA ONE」。この「PUMA ONE」の高校生プレーヤーが主にプレーする人工芝や硬い土のグラウンドにも対応したメイドインジャパンの日本人プレーヤー向けモデルが登場。ぜひ、スペシャルサイトとプーマ フットボール公式アカウントで「PUMA ONE J (プーマ ワン J)」をチェック!

『PUMA ONE J』スペシャルサイトへ
プーマ フットボール公式Instagramアカウントへ
プーマ フットボール公式Twitterアカウントへ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO