FOLLOW US

仙台育英と高松商を分けたのは決定力…今大会ハット第1号の佐藤「練習での形」

ハットトリックで仙台育英を勝利に導いた佐藤一輝(9番) [写真]=高見直樹

取材・文=川原宏樹(提供:ストライカーデラックス編集部)

 シュート総数は12本と6本で仙台育英のほうが多いが、決定機は高松商のほうが多かった。試合序盤の浮き足立っているところをセットプレーから先制された高松商だが、その直後の前半6分と9分に、GKと1対1になるチャンスを立て続けに作っている。後半も2得点のほかに、サイドバックの裏のスペースを狡猾に狙い、決定機を作り上げていた。6本のシュートのほとんどがゴールに入っていてもおかしくはなかった。一方の仙台育英はミドルシュートなど確率の低いシュートでゴールに迫っていた印象だ。

 しかし、仙台育英はセットプレーに自信があり、遠い距離からでもゴール前に放り込み、決定機を作り上げた。数少ないセットプレーのチャンスから3得点を決めた勝負強さは見事と言わざるをえない。結果的に、その決定力の差がスコアの差となって表れたゲームだった。

 ラストチャンスとなったFKからこの試合でハットトリックとなる勝ち越し弾を挙げた仙台育英の佐藤一輝は、「練習からやっていた形」と試合後に語った。「途中出場した結城陽向と練習のときからやっていました。自分のマークの前に(彼を)置いて壁を作って、相手が前に出られないようにして背後に回り込んで決めるという形で、練習からやっていた形ができてよかったと思います」と狙っていたスクリーンプレーを土壇場で出し切れたのは、練習の賜物としか表現しようもないほど見事に決まった。緊迫した場面で練習どおりにできた秘けつとして「サッカーを楽しむ」心を忘れずにプレーしているからだと、佐藤は胸を張って答えた。

ストライカーDX高校サッカー特集ページ



■新スパイク「PUMA ONE J(プーマ ワン J)」が登場

タフなタックルをするディフェンダーから素早いストライカーまで、全てのプレーヤーのニーズに応えることができる究極のスパイクをコンセプトに開発されたのが「PUMA ONE」。この「PUMA ONE」の高校生プレーヤーが主にプレーする人工芝や硬い土のグラウンドにも対応したメイドインジャパンの日本人プレーヤー向けモデルが登場。ぜひ、スペシャルサイトとプーマ フットボール公式アカウントで「PUMA ONE J (プーマ ワン J)」をチェック!

『PUMA ONE J』スペシャルサイトへ
プーマ フットボール公式Instagramアカウントへ
プーマ フットボール公式Twitterアカウントへ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA