2018.01.01

高校No.1ストライカー安藤瑞季、気迫で大会初弾も「あと10点」

安藤瑞季
チーム3点目を決めた安藤 [写真]=山口剛生
楽しみながら、うまくなろう! 足ワザのことならストライカーDX

取材・文=安藤隆人(提供:ストライカーデラックス編集部)

 高校ナンバーワンストライカーでセレッソ大阪入団内定が大会直前に発表されたFW安藤瑞季が、最後の最後に獰猛なまでのゴールへの姿勢を結果に結びつけた。試合は安藤とプリンスリーグ九州得点王のFW荒木駿太を擁する長崎総科大附が、立ち上がりから前への推進力を発揮した。

 13分に島田蓮平と交代した嶋中春児がトップ下に入ると、さらに攻撃力が増す。17分、中央でボールを受けた小川貴之からのパスを嶋中右サイドで受けると、「ゴールが視野に入った」と迷わず右足を一閃。ボールは唸りをあげてゴール右に突き刺さった。

 ここから攻撃がトーンダウンし、中京大中京に流れを渡してしまうも、1年生時からゴールを守るGK湊大昂を軸とした守備陣が体を張って、ゴールを許さなかった。

 1-0で迎えた後半、安藤にようやくエンジンがかかった。「もどかしかった。もっと自分が仕掛けようと思った」と、前半は中京大中京DF笛川翔矢の徹底したマンマークにあい、シュートゼロに終わったうっぷんを晴らすべく、後半はボールを受けると積極果敢に前に運んだ。ボールがないところでも、「相手が嫌がる動きを繰り返すことで、マンマークをはがそうと思った」と、細かい駆け引きをしながら、肉体的にも精神的にも相手を大きく揺さぶった。

 そして後半23分に小川が追加点を奪うと、安藤の動きはさらにギアアップ。後半31分に右からのクロスをヘッドで合わせると、DFに当たってコースが変わったボールを、中京大中京GK吉田ディアンジェロがファインセーブ。後半38分にはカウンターから⑦荒木のパスを受けて素早くシュート。これもGK吉田に阻まれたが、徐々にゴールへの匂いが感じられるようになった。

 そして、後半アディショナルタイム3分。右サイドを突破した荒木に対し、中央からマークを外す動きでファーに逃げてフリーになると、そこに糸を引くような折り返しが届いた。「荒木が良いパスをくれたので、冷静に決めるだけだった」と落ち着いて右足を振り抜き、ゴールに突き刺した。待ちに待ったエースストライカーの今大会初ゴール。チームも3-0で快勝し、2回戦進出を果たした。

「最後は荒木とチームメイトに救われた」。試合後のミックスゾーンで安藤はほっとした表情を浮かべた。後半だけで放ったシュートは6本。ゴールへの気迫が最後の最後に実った形となった。

「大迫勇也さんの(1大会個人得点記録)10得点という記録を抜くためにはあと10点足りない。それに達成するためには残り5試合戦わないといけないので、そこに向かってチーム一丸となって戦って行きたいです」

 チームの選手権最高成績はベスト16。個人とチームの歴史を同時に塗り替えるべく、高校ナンバーワンストライカーは力強いスタートを切った。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る