2017.12.29

【高校選手権展望】<三重>初出場ながら可能性秘める好チーム 成長のきっかけは夏の大敗

南出紫音
三重・南出紫音 [写真]=森田将義
育成年代を中心に取材を続けるサッカーライター

 初出場だからといって、三重の実力を侮ってはいけない。県のライバル校が「今年は、チーム力なら三重が一番」と認めていたように、今年のチームは県でも抜きん出た実力を持ち、全国でも躍進する可能性を秘めた好チームに仕上がっている。

 戦いのベースになるのは、最終ラインから見せるテクニカルなビルドアップだ。3バックにMF藤村祐世(2年)を交えたパス回しで相手を揺さぶりながら、機を見てはMF羽柴臨(3年)と榎本響(3年)の両ウイングバックが鋭い突破でサイドを制圧。バイタルエリアでは、FW平嶋諒馬(3年)を起点とした3トップが、それぞれの特徴を生かして、相手ゴールに襲い掛かる。攻撃陣だけでなく、DFの選手も得点に絡むのが今年の売りでもあり、組織の中に個を感じる戦いぶりは観る者を楽しませる。ただ、冬の弱さが課題で、インターハイは5回出場しているが、選手権に出場した回数はゼロ。これまでも期待された年はあったが、四日市中央工などライバル校の気迫に押され、あと一歩の所で涙を飲んできた。

 悲願達成の鍵となったのは、夏に味わった屈辱的な大敗だ。攻撃に確かな手応えを持って、インターハイに挑んだが、前橋育英に0-7に敗れ、初戦で敗退。持ち味を発揮できていれば、また違った結果になったかもしれないが、相手の迫力に圧倒されただけでなく強い雨にも苦しみ「うちの選手は70分間、サッカーをできなかった」(伊室英輝監督)。

 夏以降は、「全国大会はお祭りではない。出て終わりではなく、勝つためにメンタル面を修正した」(伊室監督)と全国でリベンジするための準備、選手権に出るための準備を進めた。FW藤村泰士(3年)が「もう一度、選手権で前橋育英と対戦し、リベンジすることだけを考え、やってきた」と振り返るように、お調子者が多いという3年生の意識も変わり、志向するサッカーの質を高めつつ、練習から気迫がこもったプレーが増えたという。

 チームとしての成長だけでなく、個人としての成長が見られたのも夏以降の収穫と言える。伊室監督が「もっと通用するだろうと思っていたら、前橋育英に一切通用しなかった。そこでも諦めず、数カ月の間、ひた向きにやっていた成果が出ている」と称えるMF南出紫音(3年)は、味わった悔しさを自らの力に代えた選手の代表格。元々キレ味が鋭かったドリブルは、緩急が意識したことで、更に殺傷力を増しており、夏とは違った成果をあげる可能性は十分にある。

「監督を選手権に連れていきたい」(藤村泰)という想いも勝ち上がりを後押し、悲願である冬の晴れ舞台までたどり着いたが、彼らが立つ場所はまだスタート地点に過ぎない。夏の悔しさを晴らすために、成長を見せつけるため、まずは初戦の矢板中央戦に全力を注ぐ。

取材・文=森田将義

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る