2016.05.02

青森山田vs市立船橋はドロー決着…3連勝のFC東京U-18が首位浮上/高円宮杯プレミアリーグEAST第4節

突破を試みる市立船橋DF杉岡大暉(右) [写真]=JFAnews/SMD
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグEAST第4節が4月30日、5月1日に各地で行われた。

 青森山田高校と市立船橋高校の一戦は、前半をスコアレスで折り返す。すると59分、青森山田の郷家友太がペナルティーエリア内で相手GKに倒されPKを獲得。高橋壱晟がゴール右に蹴り込み、ホームの青森山田が先制する。対する市立船橋は、70分に左サイドバックの杉山弾斗がクロスを供給。GK廣末陸が弾いたボールを真瀬拓海が押し込み、同点に追いつく。その後、両チームが追加点を狙いに行くものの、ゴールは生まれず、1-1のドロー決着に終わっている。市立船橋は開幕から無敗を維持し、2位につけている。

 2連勝中のFC東京U-18は、敵地で柏レイソルU-18と対戦した。20分、半谷陽介とのパス交換から伊藤純也が先制点をマーク。1点リードで迎えた71分には、半谷に代えてU-17日本代表MF久保建英を投入。2試合連続のゴールは生まれなかったものの、途中出場ながら2本のシュートを放つなど、存在感を示した。結局、1点を守り切ったFC東京U-18が勝利を収めた。

 開幕から負けなしの清水エスパルスユースは横浜F・マリノスユースと対戦した。清水ユースが中野優太の得点で先制に成功したものの、2点を決められ逆転を許してしまう。しかし、その後オウンゴールで同点に追いつき、2-2のドロー決着に持ち込んだ。清水ユースは3位に浮上。横浜FMユースは4試合未勝利となっている。

 そのほか、鹿島アントラーズユースとアルビレックス新潟U-18の一戦は、スコアレスドロー。大宮アルディージャユースは流通経済大学付属柏高校との接戦を制し、2-1で勝利している。

 プレミアリーグEAST第4節の結果は以下のとおり。

■プレミアリーグEAST第4節
鹿島ユース 0-0 新潟U-18
青森山田 1-1 市立船橋
大宮ユース 2-1 流経大柏
横浜FMユース 2-2 清水ユース
柏U-18 0-1 FC東京U-18

■プレミアリーグEAST第4節順位表
1位 FC東京U-18(勝点9/得失点差4)
2位 市立船橋(勝点8/得失点差5)
3位 清水ユース(勝点8/得失点差2)
4位 柏U-18(勝点7/得失点差3)
5位 青森山田(勝点7/得失点差1)
6位 鹿島ユース(勝点5/得失点差1)
7位 新潟U-18(勝点5/得失点差-3)
8位 大宮ユース(勝点3/得失点差-5)
9位 横浜FMユース(勝点2/得失点差-2)
10位 流経大柏(勝点0/得失点差-6)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る