FOLLOW US

名古屋U18が京都U-18に5発快勝…地震の影響で2試合が中止に/高円宮杯プレミアリーグWEST第2節

ハットトリックを達成した名古屋U18の深堀隼平 [写真]=AGC/JFAnews

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグWEST第2節が16、17日に各地で行われた。

 開幕戦で神戸弘陵学園高校に0-3で敗戦した名古屋グランパスU18は、森岡隆三監督率いる京都サンガF.C. U-18と対戦。前半から名古屋U18がゴールを量産する。20分、深堀隼平の得点で先制すると、27分にも深堀が追加点をマーク。その後も杉田将宏と田中彰馬の得点でリードを広げた名古屋U18は、前半を4-0で折り返す。58分、京都U-18の服部航平にゴールを許したものの、61分に深堀がこの日3点目を決めてハットトリックを達成。5-1で快勝した名古屋U18が、勝ち点3を手にした。

 開幕戦で勝利を収めたガンバ大阪ユースと神戸弘陵の一戦は、後半にスコアが動く。52分、松本歩夢のゴールでG大阪ユースが先制すると、78分までに芝本蓮、食野亮太郎、白井陽斗が立て続けに追加点を奪取。4-0の完封勝利を収めたG大阪ユースが首位に立った。

 ヴィッセル神戸U-18と対戦したセレッソ大阪U-18は、中島元彦と山田寛人の得点で幸先よくリードを奪う。59分、神戸U-18の前川智敬に失点を許したが、2-1で勝利したC大阪U-18が開幕2連勝を飾っている。

 なお、熊本県及び九州地域を震源とする熊本地震の影響により今節は、サンフレッチェ広島F.Cユース vs 大分トリニータU-18、大津高校 vs 東福岡高校の2試合の中止が決定。また、第3節(24日開催)の広島ユース vs 大津、大分U-18 vs 京都U-18、第4節(5月1日開催)の大分U-18 vs 大津についても延期が決定している。

 プレミアリーグWEST第2節の結果は以下のとおり。

■プレミアリーグWEST第2節
G大阪ユース 4-0 神戸弘陵
京都U-18 1-5 名古屋U18
C大阪U-18 2-1 神戸U-18
広島ユース(中止)大分U-18
大津(中止)東福岡

■プレミアリーグWEST第2節順位表
1位 G大阪ユース(勝点6/得失点差6)
2位 C大阪U-18(勝点6/得失点差2)
3位 東福岡(勝点3/得失点差2)※
4位 名古屋U18(勝点3/得失点差1)
5位 広島ユース(勝点3/得失点差1)※
6位 神戸弘陵(勝点3/得失点差-1)
7位 大分U-18(勝点0/得失点差-1)※
8位 大津(勝点0/得失点差-2)※
9位 神戸U-18(勝点0/得失点差-3)
10位 京都U-18(勝点0/得失点差-5)
※1試合未消化

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA