2016.01.01

矢板中央、森本ヒマンと真下瑞都の得点で大分に勝利/選手権1回戦

文=小川博久(ストライカーデラックス編集部)

 前半は、互いにペナルティーエリアで仕事をさせてもらえず、FKやCKでチャンスをうかがう展開。その均衡が破れたのは前半終了間際。大分は、古田武尊がシュート気味のパスを右ヒールでコースを変えて待望の先制点を奪う。

 後半に入って、矢板中央は187センチの長身FW森本ヒマンを投入。ロングスローやCKのターゲットとして空中戦を仕掛け、追いあげムードが漂う。そして52分、4度目のロングスローのチャンスで森本がヘディングで同点弾をゲット。

 この攻撃が伏線となり、80分の決勝点が生まれる。左CKのチャンスでターゲットの森本と星キョーワァンはファーサイドに走りこむ。しかしボールはニアに送られ、それを真下瑞都が合わせてゴール。接戦を制した矢板中央が逆転で2回戦へと駒を進めた。

------------------------------------------
ストライカーデラックス高校サッカー特集ページ(
http://www.soccerstriker.net/html/matchreport/sensyuken94th/sensyuken94th_index.html

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
40pt
大分
40pt
山口
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
31pt
鹿児島
29pt
沼津
28pt
Jリーグ順位をもっと見る