FOLLOW US

第94回全国高校サッカー選手権 1回戦全試合プレビュー【帝京第三 vs 高松南】

文=安藤隆人

 いよいよ12月30日の開会式、開幕戦を皮切りに熱戦の火ぶたが切って落とされる第94回全国高校サッカー選手権大会。ここでは30日に行われる開幕戦と、31日に行われる1回戦の全16試合を、ショートプレビューしていきたいと思う。高校サッカーファンだけでなく、高校選手権をあまり観たことがない人、今年から観てみようと思う人などが、それぞれの郷土のチームや気になるチーム、試合を観る上での参考になってくれればと思い、簡潔なプレビューをお届けしたい。

帝京第三 vs 高松南

 インターハイ(全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会)に次ぎ、選手権予選(平成27年度第94回全国高等学校サッカー選手権大会香川県大会)も制した高松南高校。新人戦(平成26年度香川県高等学校新人サッカー競技大会)、インターハイ予選、選手権予選の3冠を達成した今年のチームは、個性派の選手がそろった。木村紫龍小林直登のダブルボランチが鍵を握り、彼らのクレバーな判断から、MF川﨑來とMF渚孝太の両ワイドを活かして、攻めこんでいく。3バックの真ん中に君臨する中山知亮は、統率力はもちろん、ヘディングが強く、セットプレーからの得点源にもなる。

 対する帝京第三高校は攻撃陣が好調だ。FW小山駿、MF梅田至、谷戸捺希、加藤竜基村上光樹らが絡む攻撃の破壊力は凄まじく、プリンスリーグ関東参入戦(高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プリンスリーグ関東参入戦)でも猛威を振るった。

 この戦いのホットポイントは両サイド。帝京第三の穂坂勇希木村祥太郎の両サイドバックは攻撃力がウリだけに、高松南の川﨑と渚のウィングバックとのマッチアップで、どちらが上回るかが、この試合の勝敗を分けるポイントだ。

■対戦カード
12月31日 帝京第三 vs 高松南[ゼットエーオリプリスタジアム/12時5分キックオフ]

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO