2015.12.26

『ウナギ』のような滑らかなドリブル突破…大津MF杉山直宏

文・写真=安藤隆人

 今年の大津高校の看板は、共にU-18日本代表であり、G大阪に入団内定が内定しているDF野田裕喜とFW一美和成。しかし、大津はこの2人だけだと思わないでほしい。

 個性派を育てることに定評がある平岡和徳監督は、彼ら以外にも多くの千両役者をしっかりと揃えている。

 左のアタッカーであるFW原岡翼、トップ下のMF吉武莉央はプロでも通用する力を有し、アンカーのMF河原創も献身的な守備と多彩なパスは、将来性を感じる。野田とコンビを組むセンターバックのDF眞鍋旭輝も今年に入り急成長を遂げている。

 中でも注目度が高いのは2年生MF杉山直宏だ。アビスパ福岡U-15からやってきた彼の特徴は、滑らかなドリブル。右MFに位置し、ボールを受けると、柔らかなボールタッチと軽やかなステップワーク、俊敏性を駆使して、相手守備網の間隙を縫っていく。プレミアリーグ昇格決定戦(高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プレミアリーグ参入戦)の静岡学園高校戦。彼の滑らかなドリブルは、ゴール裏でアップをしていた技巧派集団の静岡学園の控え選手たちにも「あいつすごい!ウナギみたい!」と驚かれていた。

 選手権では『ウナギ』のように捕まえづらく、スルスルと突破していく杉山を始め、野田と一美の看板コンビの周りに存在する、個性的な千両役者たちに注目をしてほしい。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る