FOLLOW US

細かな気配りでチームを統率…「歴代最高のキャプテン」と評価される青森山田のDF北城俊幸

文・写真=安藤隆人

 今年の青森山田高校を語る上で、絶対に欠かすことのできない一人の選手がいる。

 それはベガルタ仙台加入内定の常田克人でも、湘南ベルマーレ加入内定の神谷優太でもない。青森山田のキャプテンマークを巻く、左サイドバックの北城俊幸だ。黒田剛監督を持ってして、「歴代最高のキャプテン」と言わしめる彼は、どのようなパーソナリティーの持ち主なのか。

 彼と話をすると、いつも思うのが、相手の質問をしっかりと受け止め、理解をした上でしっかりとした口調で答える。これだけでも彼の頭の良さと、人当たりのうまさが分かる。そして、このパーソナリティーがチームを一つにまとめる大きな決め手となっている。

 今年、彼がチームにしてきた重要なことは、大きく挙げて3つある。まず一つは今年1月に東京ヴェルディユースから青森山田にやってきた神谷への対応だ。東京からいきなり青森にやって来た彼と、チームとの間には当然壁があった。それを取り除き、チームに溶けこませたのが北城だった。

「青森に来てプレーを見た段階で、間違いなく彼がエースになると思った。優太のドリブルのキレ、シュートセンスはチームにとって大きなプラスになると。でも、周りが彼を『エース』と認めないといけない。なので僕が積極的に声を掛けて、早く『チームの一員』として迎えてあげたかった。それに優太は雪の中での練習でも、全力で取り組み、寮生活でも馴染もうと努力をしてくれた。だからこそ余計に力になってあげたかった」

 積極的に神谷に話しかけ、チームとの橋渡し役を務めたことで、神谷はすぐにチームにとけこむことができた。

「僕が青森に来て、真っ先に話しかけてくれたのが北城だった。いきなりやってきて、最初は不安だらけだったけど、『俺がみんなに紹介するから大丈夫!』と北城の一言で本当に救われた。あいつがいなかったら、今の自分はなかった。本当に心から親友と呼べる存在です」(神谷)

 2つ目は常田への精神的なアプローチだ。189センチの高さと左足のキックを持ち、将来を嘱望される存在だが、「精神的にまだまだ弱い。もっと強くならないといけない」(黒田監督)。その弱さが試合中に出た時、監督に変わって叱咤するのが北城だ。「トキは自分にない能力をたくさん持っている。将来性もあるけど、もっともっと戦っていかないといけない。監督がトキにムチを入れたら、僕がトキを奮い立たせる声を掛けたり、監督がトキを持ちあげたときは、僕が『もっと気持ち入れろ!』と喝を入れることを欠かさないようにしています」。まさに彼がピッチ上の監督となって、常田を鍛えている。

 3つ目はレギュラーの半数近くを占める2年生のコントロールだ。「自分も2年生から試合に出ていて、3年生のフォローもあって、伸び伸びとプレーさせてもらった。なので、今度は自分が2年生の良さを存分に出せる環境を作りだすようにしています」と、GK廣末陸、左MF嵯峨理久、アンカーの住永翔、トップ下の高橋壱晟、FW鳴海彰人など、レギュラーの2年生に常に声を掛けたり、献身的な守備と積極的な攻撃参加で、強力なバックアップをしている。

 この3つの行動に加え、チーム全体にも目配りと気配りを欠かさない姿勢が、指揮官から『歴代最高のキャプテン』と言わしめている。選手権ではキャプテンを巻いて、仲間を鼓舞し続けている彼の存在に注目をしてほしい。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO