FOLLOW US

九国大付が鹿児島城西に勝利し、プレミア参入戦出場権を獲得/プリンスリーグ九州第18節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ九州の最終節となる第18節が、12月5日に各地で行われた。

 3位の九州国際大学付属高校(福岡)は、2位の鹿児島城西高校(鹿児島)と激突。鹿児島城西は14分にMF霜出優斗の得点で先制するが、43分に九国大付DF今田源紀が同点ゴールを奪う。さらに62分、MF田頭英昴の得点で九国大付が逆転し、2-1の勝利で2位に浮上した。

 一方、すでに優勝が決定している大津高校(熊本)と、東海大学付属第五高校(福岡)の一戦は、大津がMF杉山直宏のゴールなどで6点を奪い、6-0で快勝した。

 今節でリーグ全試合が終了し、1位の大津と2位の九国大付が12月11、13日に行われる高円宮杯U-18サッカーリーグプレミアリーグ参入戦に出場する。

 第18節の結果と最終順位表は以下のとおり。

■プリンスリーグ九州第18節の結果
12月5日開催
鹿児島実(鹿児島)2-1 筑陽学園(福岡)
神村学園(鹿児島)4-2 福岡U-18(福岡)
日章学園(宮崎)1-1 鵬翔(宮崎)
鹿児島城西(鹿児島)1-2 九国大付(福岡)
大津(熊本)6-0 東海第五(福岡)

■プリンスリーグ九州順位表
1位:大津高校(勝ち点45/得失点差+40)
2位:九州国際大学付属高校(勝ち点32/得失点差+9)
3位:鹿児島城西高校(勝ち点30/得失点差+10)
4位:アビスパ福岡U-18(勝ち点26/得失点差+6)
5位:神村学園高校(勝ち点26/得失点差+1)
6位:鵬翔高校(勝ち点24/得失点差-14)
7位:鹿児島実業高校(勝ち点21/得失点差-14)
8位:日章学園高校(勝ち点18/得失点差-6)
9位:筑陽学園高校(勝ち点18/得失点差-7)
10位:東海大学付属第五高校(勝ち点14/得失点差-22)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA