2015.11.29

名古屋と履正社が快勝、京都橘の降格が決定/プレミアWEST第17節

 11月29日、高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プレミアリーグWESTの第17節が各地で行われた。

 28日にガンバ大阪ユース(大阪)がヴィッセル神戸U-18(兵庫)を破り、初優勝を決めたプレミアリーグWEST。9位の名古屋グランパスU18は4位のセレッソ大阪U-18と対戦した。試合は、FW北野晴矢のPKによる2ゴールなどで名古屋が前半に3得点。対するC大阪も、前半アディショナルタイムにMF立石和真が1点を返し、ハーフタイムを迎える。後半に入ると、名古屋攻撃陣が爆発。57分にFW深堀隼平が4点目を決めると、北野のこの試合3点目となる得点などで大量4点を奪い、結局7-1でC大阪に勝利を収めた。

 一方、8位の履正社高校(大阪)は最下位の京都橘高校(京都)との一戦に臨んだ。試合は5分にFW林大地の得点で、履正社が幸先よく先制する。26分にはMF田中駿汰が追加点を挙げ、履正社が2点リードで前半を折り返す。後半に入ると、82分にMF小川達也がダメ押しの3点目。試合はそのまま終了し、履正社が3-0で勝利した。この結果、京都橘のプリンスリーグ降格が決定した。

 第17節の結果と順位表は以下のとおり、なお、最終節となる第18節は12月6日に行われる。

■プレミアリーグWEST第17節結果
11月28日開催
神戸U-18(兵庫) 0-2 G大阪ユース(大阪)
11月29日開催
名古屋U18(愛知) 7-1 C大阪U-18(大阪)
広島ユース(広島) 3-1 東福岡(福岡)
京都U-18(京都) 2-2 大分U-18(大分)
履正社(大阪)3-0 京都橘(京都)

■プレミアリーグWEST順位表
1位:ガンバ大阪ユース(勝ち点36/得失点差+20)
2位:大分トリニータU-18(勝ち点30/得失点差+10)
3位:東福岡高校(勝ち点29/得失点差+2)
4位:セレッソ大阪U-18(勝ち点28/得失点差-1)
5位:ヴィッセル神戸U-18(勝ち点24/得失点差+4)
6位:京都サンガF.C.U-18 (勝ち点22/得失点差+4)
7位:サンフレッチェ広島F.Cユース(勝ち点21/得失点差-3)
8位:履正社高校(勝ち点20/得失点差-2)
9位:名古屋グランパスU18(勝ち点18/得失点差-10)
10位:京都橘高校(勝ち点13/得失点差-21)

■プレミアリーグWEST第18節対戦カード
12月6日開催
京都橘(京都) vs 名古屋U18(愛知)[西京極総合運動公園陸上競技場/13時キックオフ]
広島ユース(広島) vs 京都U-18(京都)[吉田サッカー公園/13時キックオフ]
東福岡(福岡) vs 神戸U-18(兵庫)[東福岡高G/13時キックオフ]
大分U-18(大分) vs 履正社(大阪) [大分スポーツ公園だいぎんサッカー・ラグビー場/13時キックオフ]
C大阪U-18(大阪) vs G大阪ユース(大阪)[セレッソ大阪舞洲グラウンド/13時キックオフ]

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る