2015.11.12

鹿島ユースがアジアの頂点へ王手…DF町田浩樹らの得点で3発快勝/ACT決勝第1戦

 11月11日、アジア・チャンピオンズ・トロフィー U-18 2015の決勝第1戦が県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズユースとフレンツ・ユナイテッドA(マレーシア)が対戦した。

 昨年の2014Jユースカップ 第22回Jリーグユース選手権大会王者として、日本チームとして初めて同大会に出場している鹿島ユース。10月28日と11月4日に行われた準決勝では、インドU18代表を2戦合計4-1で下し、決勝へと駒を進めてきた。

 決勝第1戦で先制したのは鹿島ユース。前半終了間際にCKを得ると、2016シーズンのトップチーム昇格が内定しているDF町田浩樹がヘッドで決め、1-0で前半を折り返す。

 後半開始直後にはMF西本卓申が追加点を挙げ、さらにトップ昇格内定のFW垣田裕暉がダメ押しの3点目。3-0で鹿島ユースが快勝した。

 この結果、鹿島ユースは18日に敵地で行われる第2戦で引き分け以上、もしくは2失点以内の敗戦となると、同大会での初優勝が決まる。

【スコア】
鹿島ユース 3-0 フレンツ・ユナイテッドA(マレーシア)

【得点者】
1-0  DF町田浩樹(鹿島ユース)
2-0  MF西本卓申(鹿島ユース)
3-0  FW垣田裕暉(鹿島ユース)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る