FOLLOW US

FW郡大夢が4発、東京Vが4年ぶり2度目のトップリーグ優勝を果たす/JYPSL

 ジャパンユースプーマスーパーリーグのトップリーグ決勝、3位決定戦が9月27日に時之栖スポーツセンターで開催された。

 決勝では、東京ヴェルディユースと名古屋グランパスU18が対戦。試合は、東京Vが7分にFW郡大夢のゴールで先制すると、10分、14分、28分と郡が続け様に得点。郡の4ゴールで東京Vが前半を4点リードで折り返す。後半に入ると、61分にMF林昇吾が5点目を追加、試合はそのまま終了し、5-0で東京Vが勝利。2011年の第3回大会以来2度目となる、トップリーグ優勝の栄冠を勝ち取った。

 一方、近畿大学附属高校と立正大湘南高校による3位決定戦は、27分にFW飯野稜平の得点で近畿大学附属が先制する。対する立正大湘南も、直後の29分にFW井上直輝のゴールで同点に追いつく。しかし、35分には近畿大学附属が追加点を挙げ、1点リードでハーフタイムを迎える。近畿大学附属は、後半開始直後の41分にMF高須勝也が3点目を挙げる。その後、78分に立正大湘南が1点を返すも、反撃及ばず。3-2で近畿大学附属が3位の座を手にした。

■決勝
東京Vユース 5-0 名古屋U18

■3位決定戦
立正大湘南 2-3 近畿大学附属

■最終順位
1位:東京ヴェルディユース
2位:名古屋グランパスU18
3位:近畿大学附属高校
4位:立正大湘南高校

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA