FOLLOW US

愛媛が首位に浮上…明徳義塾は徳島北に大勝/プリンス四国第14節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ四国の第14節が9月19日に各地で行われた。

 前節4位の徳島市立高校(徳島)は、首位の徳島ヴォルティスユース(徳島)と対戦。徳島は34分にMF吉村恒輝の得点で先制すると、前半アディショナルタイムにMF長野諒が追加点を挙げ、57分には吉村恒輝がこの試合2点目を奪う。しかし、ここから徳島市立が反撃を開始、64、79、86分にMF郡紘平が得点を決め、ハットトリックを達成して同点に追いつく。すると、後半アディショナルタイムにMF高畑勇人がゴールを奪い、徳島市立が4-3で大逆転勝利を収めた。

 前節2位の愛媛FC U-18(愛媛)と、高松商業高校(香川)の一戦は、前半をスコアレスで折り返すと、52分にMF今井寛士が決勝ゴールを奪い、愛媛が1-0で勝利した。この結果、前節首位の徳島が敗れたため、愛媛が勝ち点差で上回り、首位に浮上した。

 前節3位だった明徳義塾高校(高知)は徳島北高校(徳島)に4-0で大勝し、2位に浮上している。

 第14節に行われた試合結果と順位表は以下のとおり。なお、第15節は10月3日に行われる。

■プリンスリーグ四国第14節結果
香川西(香川)2-2 松山工業(徳島)
徳島ユース(徳島)3-4 徳島市立(徳島)
済美(愛媛)5-2 今治東(愛媛)
明徳義塾(高知)4-0 徳島北(徳島)
高松商業(香川)0-1 愛媛U-18(愛媛)

■プリンスリーグ四国第14節順位表
1位:愛媛FC U-18(勝ち点28/得失点差+11)
2位:明徳義塾高校(勝ち点26/得失点差+13)
3位:徳島ヴォルティスユース(勝ち点26/得失点差+9)
4位:徳島市立高校(勝ち点25/得失点差+17)
5位:済美高校(勝ち点24/得失点差+11)
6位:香川西高校(勝ち点18/得失点差-1)
7位:松山工業高校(勝ち点14/得失点差-11)
8位:今治東高校(勝ち点13/得失点差-10)
9位:高松商業高校(勝ち点13/得失点差-10)
10位:徳島北高校(勝ち点6/得失点差-29)

■プリンスリーグ四国第15節の対戦カード
10月3日開催
香川西(香川)vs 徳島ユース(徳島)[鉢伏ふれあい公園グラウンド/11時キックオフ]
今治東(愛媛)vs 徳島北(徳島)[徳島スポーツビレッジ/11時キックオフ]
松山工業(徳島)vs 愛媛U-18(愛媛)[鉢伏ふれあい公園グラウンド/13時30分キックオフ]
済美(愛媛)vs 高松商業(香川)[徳島スポーツビレッジ/13時30分キックオフ]
明徳義塾(高知)vs 徳島市立(徳島)[徳島市立高校グラウンド/13時30分キックオフ]

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA