2015.09.13

東京Vが首位キープ…前橋育英は桐光学園に敗れる/プリンス関東第14節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ関東の第14節が、9月13日に各地で行われた。

 首位の東京ヴェルディユース(東京)は、横浜F・マリノスユース(神奈川)との上位対決に臨んだ。5分に横浜FMがMF和田昌士の得点で先制するが、41分に東京VのFW郡大夢が同点ゴールを決める。すると、78分にFW井上潮音、後半アディショナルタイムに郡がこの試合2点目を奪い、東京Vが3-1の勝利で首位をキープした。

 前節6位の桐光学園(神奈川)と前節2位の前橋育英高校(群馬)の一戦は、桐光学園が8分にU-18日本代表としてCFA国際ユース(U-18)トーナメント2015に出場し、得点王を獲得したFW小川航基の得点で先制する。対する前橋育英は、58分にFW佐藤誠司の得点で同点に追いつくが、84分に桐光学園FW田中雄大が勝ち越しゴールを決める。87分には小川が自身2得点目を決め、桐光学園が3-1で勝利した。

 第14節に行われた試合結果と順位表は以下のとおり。なお、第15節は9月19、20日に行われる。

■プリンスリーグ関東第14節結果
浦和ユース(埼玉)3-2 甲府U-18(山梨)
横浜FMユース(神奈川)1-3 東京Vユース(東京)
山梨学院(山梨)1-1 昌平(埼玉)
桐光学園(神奈川)3-1 前橋育英(群馬)
川崎U-18(神奈川)1-2 三菱養和(東京)

■プリンスリーグ関東第14節順位表
1位:東京ヴェルディユース(勝ち点30/得失点差+11)
2位:前橋育英高校(勝ち点24/得失点差+2)
3位:横浜F・マリノスユース(勝ち点22/得失点差+11)
4位:山梨学院大学附属高校(勝ち点21/得失点差±0)
5位:桐光学園高校(勝ち点21/得失点差-3)
6位:川崎フロンターレU-18(勝ち点20/得失点差+4)
7位:浦和レッズユース(勝ち点20/得失点差+4)
8位:三菱養和SCユース(勝ち点18/得失点差-4)
9位:ヴァンフォーレ甲府U-18(勝ち点13/得失点差-2)
10位:昌平高校(勝ち点7/得失点差-23)

■プリンスリーグ関東第15節の対戦カード
9月19日開催
昌平(埼玉)vs横浜FMユース(神奈川)[埼スタ2/11時キックオフ]
東京Vユース(東京)vs川崎U-18(神奈川)[ヴェルディグラウンド/17時30分キックオフ]
9月20日開催
前橋育英(群馬)vs甲府U-18(山梨)[前橋育英高高崎G/11時キックオフ]
山梨学院(山梨)vs浦和ユース(埼玉)[山梨学院 和戸サッ力ー場/11時キックオフ]
三菱養和(東京)vs桐光学園(神奈川)[三菱養和会 調布グラウンド/15時30分キックオフ]

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る