FOLLOW US

大津が首位独走、九国大付が2位に浮上/プリンス九州第12節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ九州の第12節が8月29、30日に各地で行われた。

 無敗で首位に立つ大津高校(熊本)は、鵬翔高校(宮崎)と対戦。試合はU-18日本代表FW一美和成のハットトリックなどで、大津が4-0と快勝。連勝数を4に伸ばし、首位をキープした。

 アビスパ福岡U-18(福岡)は前節2位の鹿児島城西高校(鹿児島)との一戦に臨んだ。前半は福岡が圧倒、FW東家聡樹の2ゴールなどで前半のうちに4点のリードを奪う。後半に入り、鹿児島城西はFW中村英貴のゴールで一矢報いるも、アディショナルタイムには福岡のMF藤吉武蔵が5点目を追加する。試合はそのまま終了し、5-1で福岡が勝利を収めた。

 一方、前節4位の九州国際大学付属高校(福岡)は東海大学付属第五高校(福岡)に3-2で勝利。前節3位の神村学園高等部(鹿児島)が鹿児島実業高校(鹿児島)に敗れたため、九国大付が一気に2位に浮上した。

 第12節に行われた試合結果と順位表は以下のとおり。なお、第13節は9月5日に行われる。

■プリンスリーグ九州第12節結果
大津(熊本) 4-0 鵬翔(宮崎)
鹿児島実(鹿児島) 4-2 神村学園(鹿児島)
日章学園(宮崎) 3-3 筑陽学園(福岡)
鹿児島城西(鹿児島) 1-5 福岡U-18(福岡)
東海第五(福岡) 2-3 九国大付(福岡)

■プリンスリーグ九州第12節順位表
1位:大津高校(勝ち点30/得失点差+28)
2位:九州国際大学付属高校(勝ち点22/得失点差+6)
3位:鹿児島城西高校(勝ち点21/得失点差+5)
4位:アビスパ福岡U-18(勝ち点20/得失点差+9)
5位:神村学園高等部(勝ち点19/得失点差+9)
6位:日章学園高校(勝ち点12/得失点差-7)
7位:鹿児島実業高校(勝ち点12/得失点差-10)
8位:筑陽学園高校(勝ち点12/得失点差-14)
9位:東海大学付属第五高校(勝ち点11/得失点差-5)
10位:鵬翔高校(勝ち点8/得失点差-21)

■プリンスリーグ九州第13節の対戦カード
9月5日開催
鹿児島実(鹿児島) vs 鵬翔(宮崎)[鹿児島ふれあいスポーツランド 芝生広場/11時キックオフ]
福岡U-18(福岡) vs 九国大付(福岡)[福岡フットボールセンター/12時キックオフ]
神村学園(鹿児島) vs 大津(熊本)[大津町運動公園/13時キックオフ]
日章学園(宮崎) vs 鹿児島城西(鹿児島)[日章学園高G/13時30分キックオフ]
筑陽学園(福岡) vs 東海第五(福岡)[福岡フットボールセンター/14時キックオフ]

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO