FOLLOW US

松山工業が徳島市立に劇的勝利、明徳義塾は2位に浮上/プリンス四国第11節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ四国の第11節が8月29日に各地で行われた。

 首位愛媛FC U-18(愛媛)は香川西高校(香川)と対戦。愛媛は26分に香川西MF吉良朋紀のゴールで先制を許すも、40分にMF木田寿輝斗のゴールで同点に追いつき、前半アディショナルタイムにはMF小倉貫太の得点で勝ち越しに成功する。後半は互いになかなか得点が奪えず、愛媛が1点リードのまま終盤戦へ。すると、後半終了間際の89分、香川西DF飛田竣吾が同点ゴールを決める。試合はそのまま終了し、愛媛と香川西は勝ち点1を分け合う結果となった。

 また、松山工業高校(徳島)は前節3位の徳島市立高校(徳島)と対戦した。試合は徳島市立が前半9分にMF郡紘平のゴールで先制に成功する。対する松山工業は35分にFW野川稀生が同点弾を決めるも、45分に徳島市立に得点を許し、1-2で前半を折り返す。後半に入ると、51分に徳島市立、58分に松山工業がそれぞれ追加点を挙げる。徳島市立が1点リードで迎えた試合終盤、89分に松山工業DF筑波柊が同点ゴールを決める。さらに後半アディショナルタイム、野川が今日2点目となるゴールを挙げ、一気に逆転に成功。試合はそのまま終了し、劇的な逆転ゴールを決めた松山工業が4-3で徳島市立を下した。

 一方、明徳義塾高校(高知)は今治東高校(愛媛)を2-1で下し2位に浮上。また、済美(愛媛)は徳島ヴォルティスユース(徳島)を2-0で破り、3位に順位を上げている。

 第11節に行われた試合結果と順位表は以下のとおり。なお、第12節は9月5日に行われる。

■プリンスリーグ四国第11節結果
徳島北(徳島) 0-2 高松商業(香川)
今治東(愛媛) 1-2 明徳義塾(高知)
済美(愛媛) 2-0 徳島ユース(徳島)
松山工業(徳島) 4-3 徳島市立(徳島)
愛媛U-18(愛媛) 2-2 香川西(香川)

■プリンスリーグ四国第11節順位表
1位:愛媛FC U-18(勝ち点24/得失点差+10)
2位:明徳義塾高校(勝ち点19/得失点差+7)
3位:済美高校(勝ち点18/得失点差+7)
4位:徳島ヴォルティスユース(勝ち点17/得失点差+3)
5位:徳島市立高校(勝ち点16/得失点差+10)
6位:香川西高校(勝ち点14/得失点差0)
7位:今治東高校(勝ち点13/得失点差-4)
8位:高松商業高校(勝ち点13/得失点差-4)
9位:松山工業高校(勝ち点10/得失点差-11)
10位:徳島北高校(勝ち点6/得失点差-17)

■プリンスリーグ四国第12節の対戦カード
高松商業(香川) vs 徳島ユース(徳島)[香川県営サッカー・ラグビー場/11時キックオフ]
済美(愛媛) vs 愛媛U-18(愛媛)[北条スポーツセンター陸上競技場(天然芝)/11時キックオフ]
徳島北(徳島) vs 徳島市立(徳島)[香川県営サッカー・ラグビー場/13時30分キックオフ]
今治東(愛媛) vs 香川西(香川)[北条スポーツセンター陸上競技場(天然芝)/13時30分キックオフ]
松山工業(徳島) vs 明徳義塾(高知)[高知県立春野総合運動公園球技場/13時キックオフ]

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA