2015.08.21

作陽とロンドが首位でグループリーグ突破/全日本ユースフットサル

文・写真=小林健志

 8月21日、2日目を迎えた「第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会」。仙台市体育館では15時30分から1次ラウンドのBグループ1試合とDグループ2試合が行われた。

 15時30分から行われたBグループ岡山県作陽高校(以下作陽)vsサンクFCくりやまU-18(以下サンク)は、確実に決勝ラウンド進出を決めたい作陽が8分、21分菅谷和寿の2ゴールでリードを奪い、さらに25分には今川朋陸のゴールでサンクを突き放した。サンクは28分に井上洸人のゴールで1点を返したが、3-1で作陽が勝利した。

 この結果Bグループは作陽が1位、FC聖和学園が2位での決勝ラウンド進出が決まった。

 17時30分から行われたDグループ香川県立高松商業高校(以下高松商業)vs聖和学園高校フットサル部(以下聖和FS)は、立ち上がりから聖和FSが快調に得点を重ね、23分までに4-0とリード。しかしここから高松商業は猛反撃を開始。24分以降に宮本蓮、西岡拓海がそれぞれ2ゴールずつ挙げるなど7分間で5得点。5-4の大逆転勝利で大会初勝利となった。まさかの逆転負けを喫した聖和FSは3連敗で大会を終えた。

 19時30分から行われたDグループPSTCロンドリーナU-18(以下ロンド)vs北海道釧路北陽高校(以下釧路北陽)はロンドが立ち上がりから釧路北陽を圧倒。Fリーグ湘南ベルマーレでも特別指定選手登録されている植松晃都がハットトリックの大活躍。ロンドは確実に得点を重ねただけでなく、聖和FS戦に続き無失点で終え、7-0と完勝した。

 この結果Dグループはロンドが1位、釧路北陽が2位で決勝ラウンドに進出することになった。

 明日ゼビオアリーナ仙台では11時から準々決勝エスパッソU-18とFC聖和学園、13時30分から帝京長岡高校と釧路北陽、仙台市体育館では11時から作陽と久御山高校、13時30分からロンドと札幌大谷高校が対戦する。同会場2試合の勝者が17時30分から準決勝で対戦する。

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る