2015.08.20

個人技のFC聖和、サンクFCくりやまに勝利/全日本ユースフットサル

文・写真=嵯峨倫寛

 8月20日、宮城県仙台市のゼビオアリーナ仙台、仙台市体育館にて「第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会」が開幕した。仙台市体育館では1次ラウンドBグループ2試合とDグループ1試合が行われた。

 9時30分から行われたBグループ、クラーク記念国際高校(以下クラーク)と岡山県作陽高校(以下作陽)の一戦は、前半はクラークが攻め込む展開も、逆に前半終了間際、ゴール前の混戦から作陽の力万雅哉に押しこまれ先制を許す。後半は、作陽が攻め込むが、終了間際、クラークが、右サイドでフリーとなった宇田川優翔が決めて、そのまま1−1の引き分けとなった。

 11時30分から行われたBグループ、サンクFCくりやまU-18(以下サンク)とFC聖和学園(以下FC聖和)は、個人技をベースに攻める聖和とカウンターのサンクという展開からサンクが清水将伸のゴールで先制する。しかし前半終了間際、聖和は生駒瑠唯が決めて同点で折り返す。後半開始早々に、聖和の小川皓平が逆転弾を決めると、聖和は個人技でサンクを翻弄し、高橋拓也選手のゴールで駄目押し。3−1で聖和の勝利となった。

 13時30分から行われたDグループ、高松商業高校(以下高松商業)とPSTCロンドリーナU-18(以下ロンド)は前半、開始早々の野口健吾のゴールと吉森慎斗の2ゴールで3-0とロンドで折り返す。しかし後半、高松商業は矢野樹が立て続けに2ゴールを返し一進一退の展開から、ついに同点に追いつく。このまま高松商業ペースかと思われたが最後は、カウンターからロンドが勝ち越し、4-3でロンドの勝利となった。

 仙台市体育館ではこの後15時30分からDグループ釧路北陽高校と聖和学園高校フットサル部、17時30分からBグループクラークとサンク、19時30分からは作陽とFC聖和の試合が行われる。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る