2015.08.17

湯本がFW高崎の決勝点で宜野湾に逆転勝利、グループ首位に浮上/UACC 2015

文・写真=森田将義

「修学旅行で行くくらいの場所というイメージしかありませんね」。宜野湾(沖縄)との試合後に、湯本(福島)の小林幸大監督がそう笑ったように普段、対戦できないチームと真剣勝負できるのがアンダーアーマーチャレンジカップの魅力の一つ。「全国の強いチームや名が通ったチームから学ぶことや刺激を受けることも大事だけど、勝ちに行こう」(同監督)と今大会に挑んだ湯本は、気後れすることなく、狙いどおりの結果を残した。

「この大会で最北端のチームとして参加しているので、どのチームにも負けたくない。でも、僕たちよりも弱いチームはいないと思うので、チャレンジャーとして守備からがんばろうと考えていた」(DF上遠野悠)という湯本だったが、CKをFW高江洲朝太郎に決められる苦しいスタートを切ることになった。以降もMF外間慶、新里拓巳のダブルボランチを中心にテンポ良くパスをつなぐ宜野湾に主導権を握られたが、上遠野が「声をかけあいながら、全員で守備をするように意識していた」と振り返ったように全員での守備を徹底し、失点を回避する。24分には右CKのこぼれ球をDF鈴木飛翔が押しこみ同点に追いついたが、32分に高江洲に再びゴールネットを揺らされ、1点ビハインドで前半を終えた。

 後半は流れが一転し、湯本のペースに。「選手権予選で格上と対戦する際に、どうやってジャイアントキリングを起こすかを考えた答えが、突破力のある前線の選手を活かすことだった」(小林監督)と夏以降取り組む、ボール奪取から素早くエースFW高崎博貴を活かす戦いで攻撃の活路を見出した。後半3分に高崎が迎えた決定機はGKの好セーブに阻まれたが、8分には右サイドから上がったクロスが、ゴール前で相手DFのクリアミスを誘発。これをFW夏井大樹が押しこんで、試合を再び振りだしに戻した。11分には低い位置でボールを受けた高崎がドリブルで中央を突破し、勝ち越しゴールをマーク。その後も果敢に攻撃を仕掛けた湯本が、3-2で逆転勝利を収めた。

 ピンチを防いでつかんだ逆転勝利は、上遠野が「インターハイ予選はベスト16で敗れ、悔しい思いをしたので、選手権予選では最低でも決勝まで進みたい。県でも上に進めば、強い相手ばかりで押される展開が続く。その時でも、今日みたいな粘り強いサッカーをすれば勝てるはず」と口にしたように、収穫を得るには十分な試合展開と言える。続く、柏日体(千葉)との一戦でも、一歩も引かずに引き分けに持ちこみ、グループリーグ首位の可能性を残す。2日目は奈良の実力校、一条(奈良)と対戦するが、上遠野が「大会に参加するだけでなく、しっかり勝ちにもこだわりたい。思い出だけで終わるのではなく、結果を残せれば」と意気込んだように、湯本の全員が勝利しか見ていない。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る