2015.08.14

米子北が神戸U-18に辛勝、桐生第一は作陽に逆転勝利/和倉ユース順位トーナメント

 8月13日、第3回和倉ユース(U18)サッカー大会の25位~32位トーナメントと33位~36位決定リーグの2日目が行われた。

 25位を決める試合では、米子北高校(鳥取)とヴィッセル神戸U-18(兵庫)が登場。米子北は46分にMF山室昴輝の得点で先制するも、直後の48分に神戸FW野原健太に同点弾を許す。試合はサドンデスのPK戦までもつれ込み、2-1で米子北が勝利を収めた。

 また、桐生第一高校(群馬)と作陽高校(岡山)は29位をかけて戦った。桐生第一は、28分にFW手塚真広のゴールで先制するも、45分と46分に続け様に失点し逆転を許してしまう。しかし、その後MF井上翔太の2ゴールなどで3点を奪い、桐生第一が再び逆転に成功。4-2で勝利した桐生第一は29位で大会を終えた。

 33位~36位決定リーグでは、ここまで2連勝の東海大第五高校(福岡)と、1勝1敗の鵬学園高校(石川)が対戦。東海大第五は30分にMF江崎響太郎のゴールで先制すると、35分にはFW橋本祐汰が追加点を奪い、2-0で快勝した。

 25位~32位の順位トーナメント、33位~36位決定リーグの試合結果と最終順位は以下のとおり

■第3回和倉ユース(U18)サッカー大会25位~32位決定トーナメント 試合結果
米子北 1-1(PK 2-1) ヴィッセル神戸U-18
ヴァンフォーレ甲府U-18 2-4 清水桜が丘
東山 1-1(PK 8-9) 浦和東
作陽 2-4 桐生第一

■第3回和倉ユース(U18)サッカー大会33位~36位決定リーグ2日目 試合結果
東海大第五 2-0 鵬学園
星稜 1-0 広島皆実

■第3回和倉ユース(U18)サッカー大会 25~36位
25位 米子北
25位 清水桜が丘
27位 ヴィッセル神戸U-18
27位 ヴァンフォーレ甲府U-18
29位 浦和東
29位 作陽
31位 東山
31位 桐生第一
33位 東海大第五
34位 星稜
35位 鵬学園
36位 広島皆実

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る