2015.08.10

強豪チームが激突…日本最大級のフェスティバル、和倉ユースが開幕

文・写真=安藤隆人

 和倉ユースは初日から激しい戦いが繰り広げられた。前回王者のFC東京U-18の初戦の相手は、インターハイベスト8の履正社。ともに東西のプレミアリーグに所属するチーム同士の戦いは、前回王者が盤石の試合運びを見せた。

「クラブユース選手権(ラウンド16)で名古屋U18に負けて(0-5)から、選手たちの意識が大きく変わってくれた。守備の意識を高く持って、相手をしっかりと見ながら、相手が何を狙っているか、何を嫌がっているかを考えた上でのアクションができていた」と、佐藤一樹監督が語ったように、MF牧野寛太を軸に攻撃力のある履正社に対し、組織的な守備で自由を奪う。そして奪ったボールを素早く前線の佐藤亮、大熊健太、生地慶充に繋ぎ、破壊力あるショートカウンターを展開。大量5得点を挙げ、5-0と好発進を見せた。

 インターハイ準優勝の市立船橋は、MF椎橋慧也など主力の多くが不在だったが、FW矢村健、GK寺尾凌など準優勝メンバーが出場。今大会注目選手の一人、ボランチのMF望月海渡を軸に、パスサッカーを展開する浦和東と初戦で対決。試合は1-1のドローで決着した。

 前橋育英と広島皆実の一戦は、インターハイベスト8の広島皆実が、インターハイから採用している変則型3-4-3で臨んだが、前橋育英に2点を奪われ、0-2の敗戦。勝利した前橋育英は、インターハイこそ県予選決勝で桐生第一に敗れたが、「あの負けから、ずっと基本的な事をトレーニングしてきた。特にキックの質とヘディングは相当な時間をかけた」と山田耕介監督が語ったように、競り合いと展開力を披露した。一方でホスト地であり、昨年度の選手権王者・星稜は2戦2敗と苦しいスタートを切った。

 青森山田は湘南入団内定のMF神谷優太、キャプテンのDF北城俊幸、FW田中優勢がけがで試合には出場しなかったが、仙台入団内定のセンターバックのDF常田克人は出場。初戦の磐田東戦では、常田、近藤瑛佑、波塚勇平の3バックで臨み、相手の攻撃をシャットアウト。1-0で勝利を手にした。

 和倉ユースは今日、明日とグループリーグが行われ、大会3日目の12日から順位決定戦に移行する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る