2015.08.05

絶対的な強さを誇る空中戦で完勝、DFリーダー嶋田遼允が米子北を8強導く

文・写真=吉田太郎

 この日、米子北は最終ラインの2枚看板の一角、センターバックの鶴ヶ久保哲太が前日の試合で負った負傷の影響によって欠場していた。DFリーダーの嶋田遼允がパートナーを組んだのは今大会初先発となる2年生センターバックの池澤裕翔。不安はあったはずだが、「誰が出ても勝てるメンバーで来ている。センターバックが代わってもコミュニケーションを取って思い切りやらせて、自分がカバーリングの意識を持ってやりました」と池澤が思い切り良くプレーできるようにフォローしながら、自身は持ち味の空中戦の強さを遺憾なく発揮してベスト8への切符をもたらした。

 1年時から全国の舞台を経験している180センチのセンターバックの高さは堅守・米子北の砦をさらに攻略困難なものにしている。この日、明徳義塾はボールを奪うと禹滉允を中心にボールを動かしつつ、前線へのロングボールを織り交ぜてきた。だが、「自分の特技ではプライドをもってやりたいので、絶対的に勝ちたい」という嶋田が一段階打点の高いヘッドでシャットアウト。守備での空中戦に関してはほぼ完勝して明徳義塾の攻撃を寄せつけなかった。

 プライドを持った守りで最終ラインを支える嶋田はこの日、課題でも成長した姿を示した。1年時の選手権では青森山田に1-0でリードしながら、試合終了7分前の73分に自分のマークしていた選手にゴールを決められ、守備の柱を担っていた昨年度の選手権でも星稜との3回戦で試合終了5分前にマークしていた選手に決勝ゴールを奪われた。

「自分の集中力が続かないで負けている試合が多かった」と悔しがる嶋田は、最後まで守り切るための集中力や体力の部分を意識。「(前後半に)給水タイムがあるので最後の4セット目の17分はしっかり集中して時間帯も考えて、自分が集中できるように声を出したり、足を止めないようにやっています」。この日は課題の終盤、相手にチャンスもつくられたが、2-0の無失点勝利。成長した姿を印象づけたDFが立正大淞南との準々決勝でもゴールを守り抜く。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る