2015.08.03

“関一のファンタジスタ”、2年生の10番MF冨山大輔「緊張して終わったらもったいない」

文・写真=吉田太郎

「『ここで人生を変えろ』と(小野貴裕)監督も言っている。ここが勝負なのかな、と。来年出られる保証はないから、今やっておかないとダメ。やっておきたいと思います」。2年生ながら東京王者・関東第一の10番を背負うMF冨山大輔にとって今回のインターハイは、将来を変えるための重要な大会だ。

 2年時の活躍は、プロや大学のスカウトたちの注目を集める上で大事になってくる。相手をわずかに外してスルーパスや難易度の高いシュートを繰り出す“関一のファンタジスタ”にとって、初の全国舞台となる今大会はアピールの場でもある。

 その初戦は後半に持ち味を発揮したが、不満の残る内容となってしまった。「ボールロストが多くてなかなかペースを掴めなくて、自滅してしまった感じがします」という前半は硬さもあって、関東第一のパスワークに絡むことができず、“消えて”しまっていた。

 だが、「(チームメートの)みんなから『オマエならできる』みたいに言われていたので、自信がついた」という後半は、抜群の存在感で攻撃の中心にいた。動きながらのファーストタッチでDFのマークを外し、絶妙なスルーパス。そしてワンツーでペナルティーエリアへ割って入り、決定的なシュートを打ち込んだ。最後の局面でシュートをフカしてしまうなど、スコアを残すことはできず。また「シュートもそうなんですけど、ドリブルで周りを見えていなくて、後ろから来る敵とかに取られてしまった。もっと精度を高めていきたいです」。3-1の勝利に貢献はしたが、試合を決めるだけの力を示すことはできなかった。

「まだまだできると思う。これからもっとプレッシャーが速くなってくると思うので、もらう前に判断してどんどん速く前にボールをつけていきたい。(全国大会は)初めてだからというのもありますけれど、それで緊張して終わったらもったいないので、もう少しやりたい」。今大会注目の2年生タレント。このまま終わるつもりは、ない。

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る