2015.08.03

初の栄冠狙う福島の尚志、前評判どおりの圧勝劇で初戦突破

文・写真=川端暁彦

 大会前のフェスティバルで好成績を収めるなど尚志の前評判はうなぎ登りだった。仲村浩二監督も試合前に「楽しみ」と明るい表情で語ったとおり、チーム状態に手応えがある様子。打てば響く選手たちとともに初の栄冠を狙って臨む大会である。

 そして迎えた那覇との初戦は、シュート数15対2という数字が示すとおりに予想以上の一方的な試合となった。前から守備をハメ込んでいく尚志に対して、那覇は愚直なまでにポゼッションを狙ってショートパスをつなぐ展開。1本目のパスはつながっても、2、3本目のパスは尚志の網に掛かるという流れで、ひたすら押し込まれる形になってしまった。

 8分にはロングフィードを受けたMF小野寛之のショートスルーパスをFW國本佳以がライン裏で巧妙に受けて、GKとの一対一から冷静にニアを抜くシュートを決めて、1-0。尚志が先制点を奪い取る。「大事な初戦で先制点が重要だというのは仲村監督も強く言われていた。最初のチャンスで決められて良かった」。殊勲の國本は少しはにかみながら、「9番」としての役割を果たしたことを喜んだ。

 その後も尚志が攻勢を持続。24分にまたも小野のパスからFW柳原隆二が決めて、2-0。後半に入ると、38分にダイナミックに裏へと抜け出した柳原を那覇DF仲村進太朗が倒してしまい、レッドカード。これで得たPKを主将のDF茂木星也が決めたところで、ほぼ勝負は決した。尚志は60分に交代出場のMF池脇星南が加点して、4-0。前評判に違わぬ圧勝で2回戦進出を果たした。

 その2回戦で迎える相手は千葉の伝統校・市立船橋。組み合わせが決まった瞬間から意識してきた相手である。國本は「(市船と近くの山に入って)ヤバイと思ったし、でも強い相手とやってみたいとも思った」と言う。一方、仲村監督は「僕が現役のとき(習志野高校)は市船とやって負けたことがないですから」と冗談を飛ばしつつ、「市船とやってどれだけできるか試したかった」と、確かな手応えのある今シーズンのチームが伝統校相手にどんな試合をするのか楽しみにしている様子だった。

「福島県に元気を届けられるような試合にします」。取材の最後に残した言葉には、強い意思と確かな覚悟がこもっていた。

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る