2015.08.02

インターハイ2015 ユース教授の1回戦全試合プレビュー【旭川実業 vs 奈良育英】

文・写真=安藤隆人

 夏の風物詩、インターハイが迫ってきた。1回戦は8月3日に23試合を実施。開幕を控え、“ユース教授” 安藤隆人氏が初戦全試合の見どころを紹介する。

旭川実業 vs 奈良育英

 奈良育英は2年生と3年生の融合をテーマに春先からチーム作りをしてきた。当初は2年生主体のチームだったが、センターバック辻泰志やMF片山太征ら、3年生が名将・上間雅彦監督の檄に奮起し、チームの屋台骨に成長した。さらに170センチ後半以上の選手が多く、全体的に空中戦が強い。

 旭川実業には184センチのFW荒川勇気が前線でターゲットマンとなり、ボランチの樋口岳志も182センチの高さを有するだけに、エアバトルはこの試合の見所の一つだ。高さだけでなく、旭川実業はFW汐見颯、MF清水翼と、テクニックに秀いで、彼らがショートパスを駆使して攻撃のリズムを作るだけに、激しい球際を誇る奈良育英とは、地上戦でもぶつかり合う。陸空共に見所の十分の一戦だ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る