2015.07.30

横浜FMが渡辺力樹、阿部隼人のゴールで決勝進出/クラブユースU-18

 7月30日、第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の決勝トーナメント準決勝がニッパツ三ツ沢球技場で行われ、15時キックオフの第1試合では横浜F・マリノスユースとベガルタ仙台ユースが対戦した。

 最初に仕掛けたのは仙台。4分、FW吉田伊吹が左足でシュートを放つ。しかし、横浜FMも7分にDF有馬弦希がヘディングシュートを放つなど両チーム譲らず、スコアレスで前半を折り返した。  

 試合が動いたのは60分、FW渡辺力樹のゴールで横浜FMがようやく均衡を破る。直後に横浜FMは渡辺に代えてトップチームの出場経験も持つFW和田昌士を投入。先制後も攻撃の手を緩めない横浜FMは、83分にMF阿部隼人が追加点を挙げリードを広げる。結局このまま試合は終了し、横浜FMが2-0で決勝へと駒を進めた。

 なお、準決勝第2試合は同日18時キックオフ予定となっている。

【スコア】
横浜FMユース 2-0 仙台ユース

【得点者】
1-0 60分 渡辺力樹(横浜FMユース)
2-0 83分 阿部隼人(横浜FMユース)

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る