FOLLOW US

米子北が首位キープ…2位立正大淞南は勝ち点1差/プリンス中国第7節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ中国の第7節が6月27日、28日に各地で行われた。

 第6節を終え、無敗で首位を走る米子北高校(鳥取)は、広島皆実高校(広島)と対戦。79分に退場者を出し数的不利な状態になるも、ここまで6試合で5失点と守りの堅いDF陣を中心に守りきり、スコアレスドローで試合を終えた。

 一方、昨年の同リーグ覇者で、前節までで3位につけている立正大淞南高校(島根)は、前節2位の作陽高校(岡山)と直接対決に臨んだ。勝てば2位に浮上できる状況で、立正大淞南は45分に井上直輝の直接FKで先制すると、53分にも追加点を決め、試合を優位に進める。後半アディショナルタイムに失点するも2-1で勝利した。

 この結果、7戦負けなしの米子北が首位をキープしているが、2位に浮上した立正大淞南が勝ち点1差に迫っている。

 第7節に行われた試合結果と順位表は以下のとおり。なお、第8節は7月4日に行われる。

■プリンスリーグ中国第7節結果
6月27日開催
米子北(鳥取) 0-0 広島皆実(広島)
広島観音(広島) 3-2 高川学園(山口)
立正大淞南(島根) 2-1 作陽(岡山)
広島ユースベアーズ(広島) 0-3 玉野光南(岡山)
6月28日開催
大社(島根)1-1 瀬戸内(広島)

■プリンスリーグ中国第7節順位表
1位:米子北高校(勝ち点17/得失点差+9)
2位:立正大学淞南高校(勝ち点16/得失点差+6)
3位:作陽高校(勝ち点13/得失点差+11)
4位:大社高校(勝ち点11/得失点差+1)
5位:広島皆実高校(勝ち点9/得失点差+5)
6位:玉野光南高校(勝ち点8/得失点差+1)
7位:広島県立観音高校(勝ち点8/得失点差-8)
8位:瀬戸内高校(勝ち点7/得失点差-7)
9位:サンフレッチェ広島ユースベアーズ(勝ち点6/得失点差-7)
10位:高川学園高校(勝ち点3/得失点差-11)

■プリンスリーグ中国第8節の対戦カード
7月4日開催
作陽(岡山) vs 米子北(鳥取)[カンダグループ サッカー・ラグビー場/11時キックオフ]
広島観音(広島) vs 広島皆実(広島)[庄原市上野総合公園陸上競技場/11時キックオフ]
玉野光南(岡山) vs 大社(島根)[カンダグループ サッカー・ラグビー場/13時30分キックオフ]
瀬戸内(広島) vs 立正大淞南(島根)[庄原市上野総合公園陸上競技場/13時30分キックオフ]
高川学園(山口) vs 広島ユースベアーズ(広島)[高川学園高G/13時30分キックオフ]

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA