FOLLOW US

磐田U-18無敗で首位キープ、静学が2位浮上/プリンス東海第6節

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ東海の第6節が6月27日各地で行われた。

 5試合を終え無敗で首位を走るジュビロ磐田U-18(静岡)は、中京大学附属中京高校(愛知)と対戦した。磐田 は試合開始早々2分、U-16日本代表候補に選出された経験のあるMF立川嶺が先制ゴールを挙げる。51分にも立川が追加点を挙げるなど、3-0で快勝した。

 勝ち点差1で磐田を追う前節2位の浜松開誠館高校(静岡)は、前節まで9位と下位に沈んでいる帝京大学可児高校(岐阜)と対戦。10分、FW刑部太喜のゴールで先制するも、83分に帝京大可児のDF玉木優也に失点を許し、1-1の引け分けに終わった。

 また、前節3位の静岡学園高校(静岡)は磐田東高校(静岡)に勝利し、勝ち点3を積み上げたため2位に浮上した。

 第6節に行われた試合結果と順位表は以下のとおり。なお、第7節は7月4日に行われる。

■プリンスリーグ東海第6節結果
藤枝東(静岡) 1-5 清水桜が丘(静岡)
磐田東(静岡) 0-3 静岡学園(静岡)
帝京大可児(岐阜) 1-1 浜松開誠館(静岡)
東海学園(愛知) 4-2 四日市中央(三重)
中京大中京(愛知) 0-3 磐田U-18(静岡)

■プリンスリーグ東海第6節順位表
1位:ジュビロ磐田U-18(勝ち点16/得失点差+14)
2位:静岡学園高校(勝ち点13/得失点差+13)
3位:浜松開誠館高等学校(勝ち点13/得失点差+7)
4位:東海学園高校(勝ち点11/得失点差+4)
5位:清水桜が丘高校 (勝ち点10/得失点差+6)
6位:中京大学附属中京高校(勝ち点6/得失点差-5)
7位:四日市中央工業高校(勝ち点6/得失点差-8)
8位:藤枝東高校(勝ち点6/得失点差-13)
9位:帝京大学可児高校(勝ち点4/得失点差-8)
10位:磐田東高校(勝ち点1/得失点差-10)

■プリンスリーグ東海第7節の対戦カード
7月4日開催
清水桜が丘(静岡) vs 浜松開誠館(静岡)[アイスタ/11時キックオフ]
磐田U-18(静岡) vs 藤枝東(静岡)[ジュビロ上大之郷G/11時キックオフ]
帝京大可児(岐阜) vs 静岡学園(静岡)[TEIKYOけやきフィールド/11時キックオフ]
中京大中京(愛知) vs 東海学園(愛知)[豊田球/11時キックオフ]
磐田東(静岡) vs 四日市中央(三重)[ジュビロ上大之郷G/14時キックオフ]

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA