2015.07.01

全国高校サッカー選手権、都道府県別最多優勝の第1位は兵庫県…埼玉、静岡と続く

 11日、第94回全国高校サッカー選手権大会の決勝が埼玉スタジアム2002にて行われ、東福岡高校(福岡)と、國學院久我山高校(東京A)が対戦した。5ー0で勝利を収めた東福岡が選手権のタイトルを手にした。

 94回目の選手権を迎えたが、これまで御影師範(兵庫)が最多の優勝回数を誇っている。第1~7回大会で連覇すると、14回大会までに11度の優勝に輝いた。

 なお、各都道府県別の優勝成績を見ると、これまで御影師範や滝川第二高校などが優勝を記録した兵庫県が第1位。市立浦和高校が4回、県立浦和高校と浦和南高校がそれぞれ3回の優勝を誇る埼玉県が第2位となっている。

 以下は静岡県が第3位、広島県、千葉県、長崎県、東京都と続いている。94回大会で優勝した東福岡の属す福岡県は第9位となっている。

■都道府県別優勝回数
1位:兵庫(17回)
2位:埼玉(13回)
3位:静岡(10回)
4位:広島(9回)
5位:千葉(8回)
6位:長崎(7回)
7位:東京(6回)
8位:大阪(5回)
9位:福岡(3回)

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る