FOLLOW US

第76回選手権、東福岡が雪の決勝で帝京下して史上初の高校3冠

 1998年1月8日に行われた第76回全国高校サッカー選手権大会決勝は、大雪の中で開催されたため、「雪の決勝」と呼ばれている。

 本山雅志、古賀誠史らを擁す東福岡(福岡)と、中田浩二らが在籍していた帝京(東京)が対戦した一戦。東福岡が2-1で競り勝ち、初優勝を飾った。また、この試合では従来の白黒のボールではなく、雪との同化を避けるため黄黒のボールが使用された。

 なお、当時の東福岡はインターハイと全日本ユースも制覇。選手権をあわせて、史上初めて高校3冠を達成した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA