FOLLOW US

翼SCレインボー垂井がJFA第44回全日本U-12サッカー大会岐阜県大会で初優勝…初の全国大会出場を決める!

 JFA第44回全日本U-12サッカー選手権大会の岐阜県大会決勝で、クラブチーム翼SCレインボー垂井が勝利し、初の全国大会出場を決めた。

 翼SCレインボー垂井は西濃地区1位で決勝トーナメントを勝ち抜き、11月22日に長良川球技メドウで開催された準決勝では岐阜地区1位のメジェール岐阜瑞穂と対戦。試合開始早々に先制されるも、前半のうちに逆転。後半もメジェール岐阜瑞穂の猛攻をしのぎ切り2-1にて決勝へコマを進めた。同日に行われた決勝では、中濃地区1位で勝ち上がってきた美濃加茂コヴィーダと対戦し、2-0にて勝利をおさめ、創部以来初の全国大会出場を決めた。

 初の全国大会行きを勝ち取った伊藤隆文総監督は、「チーム設立以来初の全日本全国大会出場です! 選手たちが自分たちの力を出し切りよく頑張ってくれました。指導者を始めて20年目の節目の年にこのタイトルを取れたことは非常にうれしく思います。選手に育てられた20年間でもあり、携わってきた選手・保護者・スタッフに感謝です。これからもこの経験を選手たちに精一杯伝えていこうと思います。コロナ禍ではありますが対策を万全にし、全国大会を選手と共に楽しみながら戦ってこようと思います。また、今回岐阜県大会の運営のために尽力して下さった方々に感謝致します。ありがとうございました」とコメントした。

JFA第44回全日本U-12サッカー選手権大会全国大会は12月26日より鹿児島にて開催される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO