FOLLOW US

明治大、10年ぶり3度目のインカレ制覇…リーグ、総理大臣杯との3冠達成!

明治大がインカレ制覇で3冠達成 [写真]=内藤悠史

 2019年度 第68回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)決勝が22日に行われ、浦和駒場スタジアムで明治大学(関東第1代表)と桐蔭横浜大学(関東第2代表)が対戦した。

 今季の関東大学リーグ1部と総理大臣杯を制している明治大は、インカレ制覇で3冠達成を狙う。準決勝では関西学院大学(関西第2代表)に7-3と大勝し、ファイナルへ駒を進めた。決勝の先発メンバーには、準決勝で負傷からの復帰を果たしたFW佐藤亮(4年)をはじめ、MF安部柊斗(4年/FC東京加入内定)らJクラブ加入内定6選手が名を連ねた。

 対する桐蔭横浜大は、関東大学リーグ1部で2位に躍進。初出場のインカレで決勝進出を果たし、初優勝を狙う。先発メンバーには、DF眞鍋旭輝(4年/レノファ山口FC加入内定)やMFイサカ・ゼイン(4年/川崎フロンターレ加入内定)らが名を連ねている。

 前半は拮抗した展開のまま均衡は破られず、スコアレスで終了。後半は明治大がボールポゼッション率を高め、敵陣でのプレータイムで相手を圧倒する。63分にはMF瀬古樹(4年/横浜FC加入内定)がペナルティーエリア右手前から強烈な左足シュートを放ったが、左ポストを直撃。安部やMF中村健人(4年/鹿児島ユナイテッドFC加入内定)らのミドルシュートも、桐蔭横浜大GK早坂勇希(2年)のビッグセーブに阻まれ、なかなかゴールネットを揺らすことができない。

 明治大は72分にユニバーシアード日本代表FW小柏剛(3年)を投入して攻勢を強めるが、最後の一線を割ることができない。アディショナルタイム3分を経過しても得点は生まれず、0-0で15分ハーフの延長戦へ突入した。

 小雨が降り始めた中、延長前半がキックオフ。すると、開始早々の92分に均衡が破られた。先手を取ったのは、劣勢を強いられていた桐蔭横浜大。ペナルティーエリア右手前からのFKは相手DFにクリアされたが、エリア左側からFW滝沢昂司の折り返しを眞鍋が合わせ、ゴールネットを揺らした。

 先制を許した明治大だが、反撃のゴールはわずか4分後だった。95分、小柏がペナルティーエリア内でこぼれ球に反応すると、ファウルを受けてPKを獲得。佐藤亮がゴール右隅に決めて1-1の同点に。さらに2分後、ペナルティーエリア左奥でスルーパスを受けたDF蓮川壮大(3年)が左足で流し込んで2-1と逆転に成功した。

 2-1で迎えた延長後半、桐蔭横浜大は選手交代を交えて反撃を狙ったものの、明治大が112分に追加点。瀬古のクロスからMF森下龍矢(4年/サガン鳥栖加入内定)が左足ボレーを決め、勝利を決定づけた。

 試合は3-1で終了。明治大が10年ぶり3回目のインカレ制覇を果たし、3冠を達成した。

【スコア】
明治大学 2-1 桐蔭横浜大学

【得点者】
0-1 92分 眞鍋旭輝(桐蔭横浜大学)
1-1 96分 佐藤亮(PK)(明治大学)
2-1 98分 蓮川壮大(明治大学)
3-1 112分 森下龍矢(明治大学)

取材・文=内藤悠史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA