2017.01.01

佐野日大FW長崎達也、値千金のゴールを生み出したFKでのGKとの駆け引き

佐野日大は長崎(右)の得点で勝利した [写真]=末永裕樹
楽しみながら、うまくなろう! 足ワザのことならストライカーDX

取材・文=松岡健三郎(提供:ストライカーデラックス編集部)

「立ち上がりの入りはよかった」と中村大吾監督も納得のスタートを切った和歌山北だったが、佐野日大の1回目の攻撃でFKを与えてしまった。これを長崎達也がファーサイドへ低い弾道のボールで決めて、前半6分に佐野日大が先制する。ワンプレーで流れを変えた佐野日大は、得点を決めて緊張の取れた長崎と、野澤陸のキープ力を生かし、ポゼションする。後半は和歌山北の一方的な展開となるが、粘り強い守備で1点を守り切った佐野日大が1-0で勝利した。

 この試合唯一のゴールとなった佐野日大の長崎達也自身に直接FKについて聞くと、「自分が取ったファールだったので、普段はあまり蹴らないですが、蹴らしてもらいました」。カウンターから抜け出した長崎が、右サイドペナルティーエリア角あたりで相手に倒される。開始5分で佐野日大の最初の攻撃だった。

「ニアサイドに蹴ろうと思ったんですが、GKからボールが見えてなかったので、右側(ファーサイド)に蹴りました」(長崎)

 GKからボールを隠すようにして、味方が壁に入るのは今や当たり前。そうすることで、キッカーからも壁でGKが見えなくなる。それでも、ファーサイドが空いていたため、GKがニアサイドに寄っていることがわかった。

「自分が蹴る前に梅澤崚が動き出したことで、ニアサイドに打てば、GKがはじいたボールも梅澤が詰められるという考えもあった。それで多少GKもニアサイドを読んで先に動いたと思います。その逆を突けてよかったです」(長崎)

 長崎が蹴る前に、左足で梅澤がフェイクでボールをまたぎ通りすぎた。その動きが効果を生み、長崎は低くて速いボールで、壁の内側を狙い、ゴールを決めた。

「本当はサイドネットを狙ったんですが、少しミスキックになって、内側に行ってしまいましたが、入ったのでよかったです」と、試合後ホッとした表情で長崎が答えた。高校に上がってから、FKを直接決めたことはあまりなかった長崎が大舞台の初戦、しかもほぼファーストプレーで見せた巧みなFKだった。

(試合後コメント)

佐野日大
海老沼秀樹監督
「FKは選手がその場で決めているので、決めてくれてよかったです。後半はどうしても疲労で足が止まってしまって、前に出られなくなりましたが、よく守ってくれました。みんなで頑張るしかないので、全員で守備して、全員で攻めて、その質を上げていくしかないですね。一戦一戦で選手が成長できるので、多く試合できるようにがんばります」

和歌山北
中村大吾監督
「立ち上がりの入りはよかったので、失点はもったいなかったですね。攻め上がって、DFの陣形が崩れてしまったところのファールだったので。FKは相手がうまかったですね。後半相手の5バックを崩すような動きが少し足りなくて、止まって受けることが多かったので、もう少し動きながらボールも動かせたらよかったです」

10番 和田広矢
「入りはよかったし、県予選のときより自分たちのサッカーができていた感覚があったので、ハーフタイムにも『いけるぞ』と話していたが、相手のブロックを崩すような動きができずに、ギアを上げるタイミングを失ってしまったのがもったいなかったです」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る